今日ものんびりと オクトパス














ヘッドライン

午後のロードショーで『オクトパス』を観た

はいさい!『マイケル・J・フォックス ショー』を観返しているツバサさー。
いま第9話(´・ω・`)
フェイト・テスタロッサ 今日ものんびりと 2016/06/14
70%ぐらいは完成したか。
残りの部分はどれぐらいで出来るだろうか(´・ω・`)

午後のロードショーで『オクトパス』を観た。
ジェイ・ハリントン主演。
アメリカ、2000年製作。
オクトパス
オクトパス

~あらすじ~
アメリカ合衆国の新米エージェントであるロイ・ターナーは、
国際指名手配犯のテロリストを逮捕する事に成功する。
そして、ロイは米海軍所属の原子力潜水艦”ルーズベルト”で、
テロリストを護送するように命令を受け、ロイは逮捕したテロリストと共に乗り込む。
二人を乗せて”ルーズベルト”は目的地に向かって航行していくが、
その途中に超巨大生物に襲われてしまう。
超巨大生物の正体はかつて冷戦時代に米海軍に沈められた、
ソ連・原子力潜水艦から漏れた放射能の影響で巨大化してしまったタコであった……。

タイトルは『オクトパス』だけど、
タコから生き残る為のサバイバルものというよりもアクションがメインの映画。
主人公は新米エージェントなんだけど、必要な時に銃を撃てないヘタレ。
他のアメリカ映画ならバンッバンッと発砲するシーンでも、
彼は撃たない、ここでイライラする人もいるんじゃないだろうか。
僕もそんなに気にならなかったけど、
最後のシーンぐらいは発砲して決着を着けてもよかったんじゃ……。

ほとんどが潜水艦の艦内が舞台なんだけど、
新米エージェント(+乗組員)対テロリストみたいな感じだったから、
タコは出さなくても良かった気もする。
それを言ったらお終いだけど。

肝心のタコの襲撃シーンはそこそこで、
この映画自体はなかなか楽しめる映画となっていたんだけど、
テロリストの脅威&タコの襲撃でちょっとテーマを盛り過ぎた感があるかな。
タコがメインというよりもアクションがメインだよね。
でも、上でも書いたけどなかなか楽しめたから観るものがなかったら観てもいいかも。

タコ(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 / ジャンル:映画
[ 2016/06/14 23:30 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 午後のロードショー オクトパス