今日ものんびりと ジャーヘッド














ヘッドライン

『ジャーヘッド』を観た

はいさい!『イエスマン YESは人生のパスワード』を観ているツバサさー。
この映画も当たりかな(´・ω・`)
フェイト・テスタロッサ 今日ものんびりと 2016/06/23
もう少し肌色でも投入するべきか。
全体を軽く塗ってから決めるのでも遅くないか。

『ジャーヘッド』を観た。
ジェイク・ジレンホール主演。
アメリカ、2005年製作。
ジャーヘッド
ジャーヘッド

~あらすじ~
時は1988年。
18歳の青年、アンソニー・スオフォードは米軍・海兵隊に志願し、
過酷な訓練を乗り越えて行く。
海兵隊の訓練課程を無事に終えた彼を待っていたのは、
1990年に起こったイラク軍のクウェート侵攻による”湾岸戦争”の始まりであった。
アンソニーは前哨狙撃兵としてサウジアラビアに派遣され”湾岸戦争”に参加する事になるが、
サウジアラビアの地で待っていたのは砂漠での訓練と待機の日々であった。

クウェート侵攻から始まった”湾岸戦争”を、
アンソニー達、青年の視点から描いた映画。
この映画の最大の特徴はほぼ戦闘シーンがないところかな。
てっきり、ドンパチやるだろうと思っていたけど、
本当に訓練、訓練、また訓練といった感じで、
実戦よりも訓練のシーンの方が多いという戦争映画としては異色の作品。

戦争という背景を描きつつも、そこには”一人の青年”としてのアンソニーがいて、
アメリカにいる彼女の事が気になるし、他の隊員とはぶつかったりもする。
実戦がない事へのフラストレーションも溜まる。
確かに米・海兵隊員であるけど、その前に青年としての彼が描かれているのも見所かな。
いざ、サウジアラビアに派遣された彼なんだけど、
特に活躍する事もなく戦争は終わってしまって、
あまり見ないタイプの特殊な映画ではあるけど、なかなか楽しむ事ができた。

後はアンソニーの部隊が移動している時に、
敵と誤認されてA-10から誤射されるシーンがあるんだけど、
A-10から狙われるとか怖過ぎ((・ω・;)))
撃たれていたけどアベンジャーだよね、アレ。

ウーラー!(`・ω・´)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 / ジャンル:映画
[ 2016/06/23 23:30 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 ジャーヘッド 湾岸戦争 戦争 A-10