ヘッドライン

良き世界とは

はいさい!ネタが思い付かばないからこれにするツバサさー。
これで(´・ω・`)
足を突き出す 今日ものんびりと 2015/07/13
黒目を書き直して、胴体も横に太くしてみたよ。
顔自体も若干輪郭を変えてみたんだ。
腕と手も描いたしそろそろ服に移行しないといけないけど、裸でもいいような気がする(´・ω・`)
アニメみたいに不自然な光でも入れておけば裸でもいいかもしれない(´・ω・`)フフ
まぁ、服は描くと思うけどね(絶対とは言っていない)

良き世界とは、何か。
まずはどこに重きを置くかを決めないといけないけど、
個人の視点から見たものなのか、全体を考えて見たものか、
大まかに分けるとこのどちらからか選ぶのが早そうだ。

今回は個人の視点から見た、良き世界を取り上げていこうと思う。
何故、全体ではなく個人から見た方を取り上げるかというとね、
死んだ後も世界を観測できると思っていないからなのね。
幽体となって世界に残る事ができるかもしれないけど、
実際に自分で体験していないから、そちらは除いておくね。

良き世界とは自分の幸せが存在する世界だと思う。
全体に重きを置くならば、戦争や紛争、飢饉、社会の維持などの問題に取り組んで、
解決して更に全体的な幸福度の向上を目指すというのがそれにあたると思うのだけれど、
個人に重きを置くなら「あくまで自分と身の回り」だけを見るという事もできるよね。
僕としてはまず自分の幸せがなければ、自分が見ている世界は死んでいると思うんだ。
確かに戦争や飢饉に目を向けるというのも悪くはないけど、
目を向ける前に自分の世界、個人の視点から見た世界は本当に幸せなのかを問うべきだと思う。

自分さえ良ければ、というのは社会では悪印象があるけど、
逆に言えば自分さえ悪いという環境が本当に当人にとって良き世界なのかな。
生きている間は観測できるけど、死んだら観測ができないと仮定して、
観測できないのなら、その世界は終わりを告げたも同然だと思うんだ。
もし死んだ後の世界に意味を見いだせずに、
あくまで個人の視点から見るという事に重きを置く気があるのなら、
まずは自分を幸せにしなければ、その世界は最悪に不幸な世界だと思う。

今日も暑かったね(´・ω・`)ネ
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト


テーマ:ひとりごと。 / ジャンル:日記
[ 2015/07/13 22:21 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:絵のお話 イラスト 独り言 幸せ 不幸 世界

幸せは不幸との比率で幸せではなくなる

はいさい!無気力の様な気力があるようなツバサさー。
微妙(´・ω・`)ビミョーン
フィノ・ブラッドストーン 今日ものんびりと 2015/06/07
も~しもし未来はどこですか~♪
今日からまた新しい絵になるんやよ、フィノちゃんやよ(´・ω・`)
黒目の部分はもっと上にしても良いかもしれぬ、まあ、まだ下描きだからいいのだれど。

”生きていればいい事がある”とそんな言葉をよく耳にする。
僕はこの言葉は好きではないのだけれど、確かに言っている事は間違ってはいないと思う。
でも、いい事があって幸せな事があったと仮定して、
それが不幸との比率で比べてみた時に、
幸せが不幸よりも勝っていなければ幸せとは言えないのではないだろうか。

ゲームの様に誰にでも見えるパラメーターとして比率が見られる訳ではないので、
個人の感覚に頼らざるを得ないけど、その感覚で不幸が勝っていると思えないのなら、
それが本当に幸せな状態と言えるのかには懐疑的なんだよね。
例えは、100%の内90%が不幸だとして、残り10%が幸せだとすると、
比率としては不幸が勝っている訳だけど、
比率として幸せが負けている状態を真の幸せと言っていいのか疑問が残る。

勿論、90%の不幸であっても、残り10%の幸せがあればいい。
少しでも幸せと感じるなら満足だ。
そんな風に思う人もいると思うけど、そう思えるならそれはいいと思う。
この比率の話も所詮は個人がどう感じているかに重きを置かざるを得ないのだから、
価値観でどうとでもなってしまう程度だから、その価値観は大事にすべきだと思うよ。

さて、一つのいい出来事で不幸を覆すのは難しいと思うし、
余程大きな事ではないと無理だと思うけど、
だからこそ、人生は幸、不幸の比率が焦点になると思うんだ。
不幸の比率が90%なら間違えなく不幸だと思うんだけど、
だからこそ、不幸だと思うのならたった一つのいい事よりも、
比率を幸せが多くなるようにした方が、その人の全体的な幸福の向上に繋がると思うんだよね。

勿論、自分のさじ加減で幸、不幸を操るのは無理だし、
どんなに頑張っても不幸はやってくる、逆もまた然りで頑張らなくても幸せがやって来る時もある。
どちらかに近付ける事は出来ても、結果だけは自分ではどうしようもないというのが本質だと思うけど、
大事にするのなら、一つの幸福よりも継続的幸福を重要視すべきだと思ったよ。

幸福の黄色いハンカチ(´・ω・`)ノシ~~
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ

テーマ:幸せに生きる / ジャンル:心と身体
関連タグ:絵のお話 イラスト フィノ・ブラッドストーン 勇しぶ 幸せ 不幸 幸福