今日ものんびりと 小説
FC2ブログ













ヘッドライン

明日は雪が降るかもしれないらしい

はいさい!明日は履歴書と職務経歴書の印刷をするツバサさー。
早めに印刷したい(´・ω・`)
ARIA 水無灯里 今日ものんびりと 2021/01/22
服に一段暗い部分を追加。

土・日は寒くなるというのは聞いていたんだけど、
明日は雨の予想だったと思っていたら雪が降る可能性があるらしい。
今日は比較的に暖かったから特に厳しい寒さは感じなかったものの、
明日から日曜日までは一気に寒くなるらしいから気を付けて出掛けてこよう。
通院もこういう日にはしたくないなぁというのが本音だけど、
服薬しているから仕方がないなぁとは思ったり。
でも、転職が終わったら通院もしなくても良くなるだろうか。
最終的には薬に頼らなくてもいいようになる事だけどどうだろうね。

そういえば、最近はアニメ『紺碧の艦隊』をちょこちょこ見ているんだけど、
アニメ化される仮想戦記ものも珍しいから楽しんで見ている。
まあ、仮想戦記ものとはいえ一方的に日本が勝ち過ぎているとは思わないでもないけど、
でも仮想戦記だしなぁとは思っている。
大体の仮想戦記は大日本帝国が勝って終わりだしね〈ただし本土決戦ものは除く〉。
昔は仮想戦記小説をよく読んでいたものだけど、
最近は仮想戦記も読んでいない、というよりは小説自体を読んでいないなぁと思ったり。

昔はそれなりに小説を読んでいる時期があったし、
よく通学や通勤中に小説を読んだものだけど、
いつの頃からか小説を読むという習慣がなくなってしまった。
いま小説を読む機会といえば、
やり取りさせてもらっているブログで掲載されている小説を読むくらいだし、
そう思うと創作された文章に触れる機会って本当に減ったなぁという感じ。

読みたい小説やラノベもないではないんだけど、
だったら映像化されるまで待つでもいいやという感じだし、
そこまでして手を出さなくなってしまったというのが大きいのかもしれない。
仮に仕事を定年退職したとしたら時間も余るだろうし、
そういう時に小説を読んだりするのだろうか。
まあ、他に興味が移っているかもしれないけど。

噴進弾と書けばWW2に誘導ミサイルを出してもいいという風潮(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

紺碧の艦隊×旭日の艦隊 Blu-ray BOX スタンダード・エディション 1
にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト




テーマ:ひとりごとのようなもの / ジャンル:日記
[ 2021/01/22 23:50 ] 日常の出来事・日記・雑記 日記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 紺碧の艦隊 小説

何故ロキソニンが……?

はいさい!今日も残業だったツバサさー。
1時間の残業だった(´・ω・`)
フェイトちゃん 今日ものんびりと 2020/06/05
ぴっちりし過ぎているかな。

今日も残業だったけど本当なら定時で帰れる予定だったんだよね。
でも無計画に帰り際に仕事を持ってくるからいつも遅くなるんだよね。
計画はしっかりと守る、ダメそうなら外注に依頼する、
初歩的な事を守っていれば仕事量だって、
コントロールできるし無駄に残る必要もないんだけどね。
自分はやらないからいいんだろうけど、
やるのはこっちなんだから負担軽減くらいは考えて欲しいね。

そういえば、帰ってから買い物に行ったんだけど、
スーパーの袋詰めをするところに何故かロキソニンが置いてあった。
何故、こんなところにロキソニンが……?
落ちていたから親切な人が拾ってそこに置いたのか、
もう必要がないと思ってそのまま置いていったのか、
どちらにしてもどうして袋詰めするところにロキソニンが置いてあったのか謎だった。


今日から常飲しているこの薬とも、
さよならが出来ると思うと私の心は晴れやかだった。
薬をスーパーに置いていくのはポイ捨てのようで少し心が痛んだが、
夫のせいで起きる頭痛も今日からはなくなるという高揚感から、
申し訳ないと思いつつも置いていく事にした。
そうこれは新しい門出の儀式と思おう。
私はそんな気持ちを胸に噛み締めつつ買った商品をマイバックに入れていく。
最後に新しく買った包丁を入れると私は家路についた。
愛用していた包丁はデザインも可愛いし気に入っていたのにもう使えないのが残念だけど、
頭痛もない日々と一人だけの生活への期待で私の気持ちは弾んでいた。


みたいな感じの文章が思い浮かんだ。
夫を殺害したから新しい包丁が必要で、
ノイローゼの種であった夫がいないからもう薬はいらなくてそのまま置いていったみたいな。
まあ、実際は単にポイ捨てか落とし物なんだろうけど、
日常のちょっとした事にスポットを当てると何かの物語はすぐに作れるのだろう。

もうこれで苦しまないね(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

【第1類医薬品】ロキソニンSプレミアム 24錠 ※セルフメディケーション税制対象商品
にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
テーマ:ひとりごとのようなもの / ジャンル:日記
[ 2020/06/05 23:29 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 ロキソニン 小説

ちょっと気まずいけど気にしない様にしないと

はいさい!今日は眠かったツバサー。
昨日は夜更かししちゃった(´・ω・`)
フェイト・テスタロッサ 今日ものんびりと 2017/12/23
足というか下半身は変更しないと。

今日は休日出勤してきたけど延長せずにいつも通りの時間で帰って来た。
といっても切りが悪かったから5分程度、
残業手当つかないけどやってきたから厳密にはいつも通りではなかったけど。
ここ半年ばかりはずっと忙しいから、
一人だけ早く切り上げて帰ってくるのも少し気まずいけど、
こういう気まずさも考えないで帰るのがベストなんだろうね。
人の目ばかり気にして無理していても、
どうせまた以前のように立ち眩みや酷い倦怠感が待っているだけだし。
この辺りも気にするべき事ではないんだから、
気にしないようにしていきたいとは思う。

『GODZILLA 怪獣黙示録』の続きを少しずつ読んでいるんだけど、
モスラっぽいような描写が。
直接モスラが登場した訳ではないんだけど、
多分あれはモスラなんじゃないかなぁ。
でも、なんであの状況でモスラが戦わなかったんだろう?
もう寿命が尽きようとしていて弱っていて戦えなかった……?
それともまだ成虫になっていなかったのか。

そういえば、来週4日間だけ行けばもう年末年始のお休みなのね。
早いような遅いような。
一応、6日間が年末年始の休みなんだけど、
これだけ残業や休日出勤をしているんだから、
丸々一週間を休みにしてくれても罰は当たらないと思うけどね。

休みたい(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!
「気まずい」が100%なくなる話し方
大和書房 (2016-02-12)
売り上げランキング: 116,770

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
テーマ:ひとりごとのようなもの / ジャンル:日記
[ 2017/12/23 23:56 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 気まずい 仕事 ゴジラ 小説

早めに帰って来た

はいさい!今日は早めに帰って来たツバサさー。
撤退(´・ω・`)
フェイト・テスタロッサ 今日ものんびりと 2017/12/21
髪はこんな感じかな。

今日は酷くはないものの頭痛が治まらなくて、
ほとんど痛みを感じるような日だった。
理由はどんなものであれ、もう無理はしないと決めていたから、
今日は1時間だけ残業をして帰って来た。
今日も人が休んだりしていて仕事も上手く回っていなかったけどもう無理してまで協力はしない。
無理しても前のように体調に悪影響しか与えないしね。

そういえば、ついに『このはな奇譚』が最終回を迎えてしまった。
このはな綺譚 第三巻 ~秋~ [Blu-ray]
最初はよくある4コマ系のアニメかと思ったけど、
ああいう癒される感じのアニメだとは思わなかった。
基本的に優しい世界観が作品を包んでいて、
その中にキャラクター達の優しさが詰まっている感じだった。
ちょっぴり切ない話もあったけど、
それでも変にしんみりとしないのはあの世界観があってこそだろう。
基本的には一話完結型なんだけど纏まりもよくて毎週楽しみに観ていた。

後は今日から『GODZILLA 怪獣黙示録』を読み始めた。
映画『GODZILLA 怪獣惑星』の前日譚的な感じなんだけど、
こちらをまずはアニメ映画化してくれた方が更に『怪獣惑星』の方も楽しめたとは思う。
でも、小説の『GODZILLA 怪獣黙示録』の方に、
怪獣黙示録ではなく怪獣惑星というタイトルをつけた方がふさわしかったと思う。
まだヘドラのところまでしか読んでいないから取り敢えず読み進めよう。

すごーい、あなたは狩りごっこが得意なフレンズなんだね(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!
GODZILLA 怪獣黙示録 (角川文庫)
大樹 連司(ニトロプラス)
KADOKAWA (2017-10-25)
売り上げランキング: 1,295

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
テーマ:ひとりごとのようなもの / ジャンル:日記
[ 2017/12/21 23:09 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 頭痛 アニメ このはな奇譚 小説 ゴジラ

『帰ってきたヒトラー』を観た

はいさい!今日は疲れていたのかよく眠ったツバサさー。
眠った(-ω-)Zzz
フェイト・テスタロッサ 今日ものんびりと 2016/06/26
髪の色塗りは完成(´・ω・`)
リボンはどうするかな?
もう少し濃くなるように塗ってみるか、それともこのまま進めるか。

昨日は映画館で『帰ってきたヒトラー』を観た。
オリヴァー・マスッチ主演。
ドイツ、2015年製作。
帰ってきたヒトラー
帰ってきたヒトラー

~あらすじ~
時は2014年、ドイツ。
ベルリン市内のとある空き地で目を覚ましたのは、
1945年に自殺を図ったアドルフ・ヒトラー本人だった。
彼は自殺直前の記憶は失っており、何故か軍服は”ガソリン臭く”なっているのが不審だったが、
まずは情報を得ようと、通りに出るが何故かそこでは総統として扱われずに困惑する。
しばらくして”キオスク”に辿り着いたヒトラーは店先にいてある新聞を読み驚愕する。
紙面に書かれていた年は”2014”とあったからだ。
そこでヒトラーは空腹と疲労によって倒れてしまうが……。

ヒトラーが突如現代に現れるという内容で大ヒットした小説を映画化したものが本作。
原作は既に読み終わっていたんだけど、
映画化されたと聞いてからずっと日本で公開されるのを楽しみにしていた。

現代に現れたとはいえ、一般的な歴史として知られている通り、
彼は既に自殺したというのが一般的な認識。
だから、劇中でもただのそっくりさんという認識で人々は彼を見るんだけど、
あらすじでも書いた通り、彼は本物のアドルフ・ヒトラーなのね。

とある理由からテレビ番組に出始めるヒトラーなんだけど、
そこで賛否両論を巻き起こすも一気に有名になって、
そこから更に”ドイツ”の為に行動していくというのが本作の内容。

あくまで自分の正しいと思っている事、ドイツの為となる事を実行する為に動いていく。
ドイツの人々のいま国が抱えている問題は何かと問い掛け、
問題だと思っている事を聞いていく。
そこで彼がテレビでその問題に意見を言って行く事で更に人々は彼に惹かれて行く。

勿論、彼を危険としてやめさせるべきだという人達もいて、
でも、彼を肯定する人達も少ない数で存在する。
過去の敗戦、そして二つのドイツ、今現在の問題、
様々な事があったから、そして今も問題があるからこそ、
今という時にヒトラーが現れた事に対して人々はどう思うのか、
そして映画を観ているあなたは何を思うか。

映画の前半は笑えるシーン多めで、
セーターと普通のズボンにあの軍帽を被ったヒトラーが見れたり、
痴漢撃退用のスプレーを掛けられたりしてその姿に思わず笑ってしまえる。
だけど、後半は笑えるシーンは減っていて、
ここはドイツの問題とも言える部分が多いだけにシリアス大目かな。
ああでも、とあるヒトラー映画のパロディーシーンが出て来るんだけど、
あれはあの映画を知っていると笑えるかな、状況が状況だけに面白かった。

個人的には物凄く楽しめた映画だったけど、
一つ気になったところはザヴァツキの最後のところは好きな終わり方じゃないかな。
確かに真実を知ってしまったらああなるんだろうけど、
それでもあれで終わりというのは好きじゃないかな、あれは残念。
小説でもクレマイヤーと上手くいっていたんだから、
展開はそのままでもいいと思うけどな、僕は。

概ね楽しめたよ。
小説を読んだ僕からするとザヴァツキの扱いは気に入らないけど、
それ以外は楽しんで見る事が出来たかな。
現在公開中なので機会があれば是非ともどうぞ。

もう一回ぐらい観に行きたいかも。
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
テーマ:映画感想 / ジャンル:映画
[ 2016/06/26 23:30 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 帰ってきたヒトラー 小説 ドイツ