ヘッドライン

帰ってきたヒトラー

はいさい!読んだ本の事を書くツバサさー。
ハイル・ヒトラー!ヾ(`・ω・´)

諸君は『帰ってきたヒトラー』という本をご存じだろうか?
え?知らないって?
……あ、知らないって言った人達の所に、
今ゲシュタポが向かったから逃げた方がいい(`・ω・´)
前置きはこの辺にして、本題に入ろうか。

帰ってきたヒトラー 上    帰ってきたヒトラー 下
帰ってきたヒトラー 上  帰ってきたヒトラー 下

まずは表紙に目が行く人も多いだろうね。
そうヒトラーの髪とちょび髭が表紙のデザインになっているのが、
まずは面白い点だろうね~。

拳銃自殺を図ったヒトラーが何故か現代に蘇ってしまう。
しかし彼は自分が自殺したことを覚えていない。
そんなところからこの物語は始まる。
彼はあのアドルフ・ヒトラーだ、勿論本物のヒトラーだ。
まずこの本を楽しむ上で彼という人間が、
彼のまま生きているという事に注目してもらいたい。

現代に溶け込もうとするわけではなく、ヒトラーはヒトラーとして行動をする。
最初は周りからコメディアンとして誤解されるけど、
それを逆手にとってテレビで彼は大ブレイクする。
そこには現状のドイツを嘆いたり改革を促そうとする彼の姿がある。
ドイツ、かつて彼が『第三帝国』と呼んだドイツの復活を目指そうとするというよりも、
より良き、ドイツ人の為の国を作ろうとしている点に注目して欲しい。

この物語のヒトラーは愛の人だとも読んでいて感想を抱いてもらえると思う。
愚直なまでにドイツと、ドイツ人を愛しているヒトラー。
愛というよりも一種の使命感なのだろうか。
ナチス・ドイツのヒトラーでもなく、政治家としてのヒトラーでもなく、
彼個人の姿がこの本には表現されている。
残忍な人間と呼ばれていても、
でもそれは一面にすぎないとこの本の中の彼を見る事によって我々は知るのだ。
現代という世界でナチスが存在せず、
ゲーリングやヒムラー、エヴァ等の実在の人物たちが、
いなくなっている世界だからこそ、彼を彼個人としてこの物語では見る事が出来るのだ。

そしてヒトラーだけではなく、現代のドイツについても垣間見る事が出来る。
本当の意味で戦後からの脱却、自国の歴史について、
そして一民族としての誇りの大切さを、
彼はこの本の中で我々に教えてくれていると思うのだ。
国民である以上は、国家の構成員なのだ。
決して他人事と思わずに政治に参加する事、
一民族としての誇りなども、ドイツと同じく現代の日本に欠けているものではないか。
これはヒトラーという彼の物語であるが、同時に我々に様々な問いをしてくれる小説だ。
どうぞ、ご一読願いたい。
アドルフ・ヒトラー、彼と一緒にどうぞ物語の中に飛び込んで、
彼と共に楽しみ、そして問いの答えを自分自身で見つけて欲しい。

ハイル・ヒトラー!ヾ(`・ω・´)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト


テーマ:読んだ本の感想等 / ジャンル:小説・文学
関連タグ:小説 小説の感想 ナチス ドイツ 日本 アドルフ・ヒトラー

軍靴の音が聞こえる

はいさい!今日はウクライナの事を書くツバサさー。
書いちゃうよ\(`・ω・´)ノ
ツバサ「最近、ウクライナの問題をニュースでよく見るね(´・ω・`)」
「今はウクライナのクリミア自治共和国がロシアに編入されて、
増々緊張が高まっているっていう感じかなー」


のん美ちゃん2014・0109 今日ものんびりと
のん美「確か、事の発端はウクライナの政権が親ロシア側から、
欧州寄りの政権になったことが始まりでしたね(´ω`;)」
「選挙での政権交代ではなく、半ばクーデターのような感じで欧州寄りの政権成立だったようです(´ω`)」


ツバサ「行き成り、そんな事をしたらロシアは怒っちゃうよねー」
「黒海艦隊の根拠地があるクリミアがあるし、
なにより緩衝地帯的な役割もウクライナは果たしていたみたいだから、
完全に欧州寄りの政権になるとロシアから見れば、
直接EUの支援を受けた欧州寄りのウクライナと国境を接する事になるんだもんね」


くろ乃ちゃん2014・0109 今日ものんびりと
くろ乃「軍事的緊張というものでしょうか(-ω-;)」
「ロシア側も選挙による政権交代だったら、もっと穏便に動いたかもしれませんが・・・」
「ロシア側から見れば、自分の土地に他人が無断で入ってくるようなものでしょうし、
EU加盟国と直接的に国境を接するのはあまりいい顔はしませんよね(-ω`-;)」


ツバサ「そうなんだよ、ポイントはそこだと思うな(`・ω・´)」
「あとは大義がロシアにあるというのも、今回の大きいな点だと思うよー」
「アメリカやEUでは制裁をロシアにするって言っているけど、
今回のウクライナの政権交代は、選挙をしないでの成立政権だもん(>ω<)」
「これでアメリカやEUが本格的にウクライナを支援し始めたら民主主義の否定だよー」
「支援なんてしたら、気に食わない政権だったら選挙をしないで、
こういう風にクーデターをしてもいいって認めたっていう前例を作ることになるしね(´・ω・`;)」


のん美ちゃん2014・0109 今日ものんびりと
のん美「・・・戦争になるんでしょうか?(´・ω・`;)」
「今は制裁だけですが、そのうち軍事支援をウクライナにしたら大変なことになりますよね(>Д<;)」


ツバサ「うーん、ロシアやウクライナ次第というよりは、
アメリカやEUが本格的に支援するかにかかっている気がするよー」
「プーチンさんが引くとは思えないけど、アメリカやEUにもメンツはあるだろうからねー」
「本格的な衝突、つまり戦争、悪く言えば第3次世界大戦になるっていうのは可能性としてはあるかもしれないけど、
今のオバマさんがそこまで強行するような気が強い人じゃないはずだから、
ロシア側が結局この騒動では最後に勝つと思うな(´・ω・`)」


くろ乃ちゃん2014・0109 今日ものんびりと
くろ乃「主様?ウクライナ問題も気になりますが、アジアでは中国の動向も気になりますね(-ω-´)」
「中国と台湾が結んだ「サービス貿易協定」のせいで、
台湾で反対運動のようなものが活発化していますし、
各国の関心がウクライナに行っている間に、中国が台湾や尖閣諸島、
その他各国との領土問題を一気に進めたりするかもしれないというのが心配です(-ω`-;)」


ツバサ「日本の周りにも問題が多いね(´・ω・`;)」
「中国をはじめ、特アでの反日も凄いからねー」
「まぁ、そこまで反日が凄いのは中国と某半島にある国家ぐらいだけど、
周りの反日国が仮想敵国のような感じになってくれているから、
日本としては防衛に使う兵器を購入し易くしてくれている訳だけどね(・ω´・)」
「脅威があると予算も降りやすいだろうしねー」

軍靴の音が聞こえ始めた世界、世界がどのような道を進むのか。
戦争か?平和か?ただ一つ分かるのは争いはどこにいても絶えないという事だけだ。
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ

テーマ:今日のつぶやき / ジャンル:ブログ
関連タグ:のん美ちゃん くろ乃ちゃん のんくろ 会話劇 ロシア アメリカ 戦争 台湾 中国 日本