今日ものんびりと 映画














ヘッドライン

遠すぎた映画館

はいさい!今日はカツカレーを食べてきたツバサさー。
サクサク(´・ω・`)
くろ乃ちゃん 今日ものんびりと 2017/05/20
髪の大まかな方向としてはこんなものか。
後は微調整しないと。

今日は小田原にある小田原コロナシネマワールドまで行って来た。
観に行ったのは『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st』。
映画化第1作目なんだけど、やっぱり好きだなぁ。
魔法少女リリカルなのは The MOVIE  1st<初回限定版> [Blu-ray]
魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st<初回限定版> [Blu-ray]

映画館で観た事は勿論あるけど、
今日の4DXはそれに輪をかけて凄かった。
以前、『ゴースト・イン・ザ・シェル』をMX4Dで観て来たと書いたけど、
個人的にはMX4Dよりも今回の4DXの方が凄かった。
MX4Dだとダイレクトにシートの背中が押されたり、
光が来るんだけど結構主張が激しい感じなんだよね。
初めて観たものだから凄いと素直に思ったけど、
今回の4DXの方はもっと凄かった。

例えば、MX4Dだとスクリーンの横にフラッシュライトのようなものが設置されているんだけど、
4DXだと天井の方に設置されているから、
フラッシュの光りがあっても4DXの方が邪魔にならない感じで観れたかな。
後は風が出るのも4DXの方が色々な角度から吹いてくるし、
水飛沫も色々な角度から、そして雨の様に上から降ってくる時もあったし、
全体的にみれば4DXの方が映画を盛り上げる効果は上かな。

後は席の揺れた方も4DXの方が激しく揺れていた気がする。
乗り物酔いしやすい人には悪夢でしかないけど、
なのはとフェイトちゃんの戦闘シーンではグワングワンと揺れて、
あれは凄かったなぁ。
お互いの全てのジュエルシードをかけて戦うシーンも凄かったけど、
最終決戦での時の庭園の「二人でなら」のところの戦闘シーンは特に凄かった。
揺れる揺れるであそこまで戦闘を体感して観られるとは思わなかった。

まあ、本当に凄いけどスクリーンの前にある煙の発生装置は、
ちょっと強めに出し過ぎていると感じたかな。
他のシーンならいいけど、
フェイトちゃんのシーンだと煙がちょっと邪魔かも。
倒壊した時の土煙みたいなシーンでは良かったけど、
もう少しさっくりと消える感じでもいいんじゃないかな。

いやー、それにしても小田原は遠かった。
家から映画館までの時間を含めたら、
約2時間は掛かったんじゃないかな。
映画館は駅から30分ぐらいは歩くし、バスは来ないしで、
今日は移動でどっと疲れた気がする。
まあ、苦労の分、楽しめたからいいけどね。

映画(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト


テーマ:ひとりごとのようなもの / ジャンル:日記
[ 2017/05/20 23:54 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 リリカルなのは

なんでもっと劇場を増やしてくれないのだ(´・ω・`)

はいさい!肩が凝っているツバサさー。
コリコリ(´・ω・`)
くろ乃ちゃん 今日ものんびりと 2017/05/18
耳を塗って、髪のベース色を塗る。
髪はもう2~3種類は色を使うかな。

今日も元気にヘルプ。
悲しいなぁ(´・ω・`)
慣れていないからなのか、なんだか肩が凝り始める。
取り敢えず、湿布を貼ったから大丈夫だろう。
そういえば、今の部署に配属された時も慣れていない時に肩が凝った気がする。
歴史は繰り返す(´ω`)

劇場版リリカルなのはのリバイバル上映が決まっているんだけど、
神奈川県だと2ヶ所の映画館でしか上映されないみたい。
なんでもっと公開する劇場を増やしてくれなかったのか。
悲しい世界(。・ω・。)
みなとみらいの方は全滅っぽいし、
そうすると小田原まで出張る必要があるかな。
小田原は遠いところだけど、4DXでのリバイバルだから観に行きたいしなぁ。
川崎とか新横浜にも映画館あるんだから、
そこでも公開してくれればよかったのにね。

そういえば、また保険の人に話しかけられたんだけど、
そろそろ保険も考えて行かないとなぁ。
仕事もそこそこ落ち着いてきたし、
保険料の問題もクリアできそうだし、将来も考えて行動しないと。

映画(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ

テーマ:アニメ / ジャンル:アニメ・コミック
[ 2017/05/18 23:10 ] アニメ・ゲーム・声優・特撮 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 リリカルなのは 保険 仕事

『ゴースト・イン・ザ・シェル』を観た

はいさい!今日はゆっくりしたツバサさー。
だらり(´・ω・`)
くろ乃ちゃん 今日ものんびりと 2017/05/13
ペン入れお終い。

まとまった時間が取れたから、
今更だけど『ゴースト・イン・ザ・シェル』の感想を。
ゴースト・イン・ザ・シェル
ゴースト・イン・ザ・シェル
スカーレット・ヨハンソン主演。
2017年、アメリカ製作。

※注意
現在、劇場公開中の作品の感想です。
ネタバレ要素があるので注意を。


~あらすじ~
電脳化技術により脳を使ったネットへの直接アクセスが可能となり、
身体をサイボーグのように義体化する事が可能となった近未来。
技術の進歩は人間に大きな恩恵をもたらしたが、
同時に電脳化、義体化は悪用され、それを用いた犯罪も広がっていた。
そんな犯罪を取り締まる為に設立された公安9課に属するミラ・キリアン少佐は、
ハンカ・ロボティックス社へのテロに対して、
他の9課メンバーと共に調査を開始するが、
このテロには様々な陰謀が裏で蠢き、
そして事件を追うにつれて少佐自身も自分の過去に対峙にしていく事になるが……。

今回の『ゴースト・イン・ザ・シェル』は、
『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』をベースに実写化された映画。
『GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊』の方はまだ観た事がないけど、
今回の『ゴースト・イン・ザ・シェル』は楽しめたかな。

やっぱり、向こうのCG技術は凄いな。
少佐が義体化する為のシーンとか、
ビルからダイブするシーンは凄くて、
映画の序盤から引き込まれた感じ。
戦闘シーンの方もアクションがよく出来ている感じだけど、
CG自体の技術も相まってかなり凄かった。

電脳化、義体化してもそこにいるのは人間で、
ちゃんと感情的になったり、淡々としてやっていかなかったのも、
技術が進歩しても人間は人間だと分かって、
いい意味で差別化できていると感じたかな。
映画でもこういうシーンをちょこちょこっと入れてくれると、
観ている方としても分かりやすくていいね。

作品としてはなかなか面白いとは思ったけど、
荒巻大輔役の北野武氏の台詞が聞き取りづらかったのは残念。
荒巻課長だけ吹き替えがなくて、
北野氏が直接台詞を喋っているんだけど、
滑舌の問題で台詞に聞き取りづらいところがあったかな。
演技自体は基本的には静かなシーンが多かったけど、
戦闘では迫力があるところもあるし良かったんだけど、
ここは素直に吹き替えで声優を使って欲しかったかな。

少佐(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ

テーマ:映画感想 / ジャンル:映画
[ 2017/05/13 23:59 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 ゴースト・イン・ザ・シェル

『キングコング:髑髏島の巨神』を観た

はいさい!今日はしゃぶしゃぶを食べたツバサさー。
もぐもぐ(´・ω・`)
目 今日ものんびりと 2017/04/30
取り敢えず、仮塗りというところかな。
ここから影を増やして行かないと(´・ω・`)

書こう書こうと思っていて、なかなか時間がなかったから先延ばしになっていたけど、
『キングコング:髑髏島の巨神』の感想を書いていく。
※注意
本作はまだ劇場公開中の作品です。
記事の中ではネタバレ要素を含んでいますので、
映画を観ていない場合は閲覧する際にはご注意を。


『キングコング:髑髏島の巨神』
トム・ヒドルストン主演。
2017年、アメリカ製作。
キングコング 髑髏島の巨神
キングコング 髑髏島の巨神

~あらすじ~
時は大東亜戦争の真っ只中である1944年。
南太平洋の戦域にて米軍パイロットと日本軍パイロットの両名が、
空中戦の果てにとある島に不時着する。
機体を失った二人であったが島の中でも死闘を続け、
そんな争う二人の前に巨大な猿が突如として現れる。

そこから時は流れ、1973年のアメリカ。
ベトナムからの撤退を宣言した日に、
組織廃止寸前にまで追い込まれているモナーク機関の一員であるランダは、
衛星が発見した未知の島”髑髏島”への調査を上院議員に認めさせ、
ベトナムからの帰還予定の部隊を護衛に、
そして元特殊部隊出身のコンラッドという男を案内役として、
着々と”髑髏島”への調査準備を進めていた。
準備が整い、ヘリ部隊で島に赴く一同だったが、
調査の名目で投下し続けた爆弾によって、巨大な猿”コング”の怒りを買ってしまい、
ヘリ部隊は”コング”により攻撃され壊滅し、
生き残った者達は島から脱出する為に行動を開始するが……。

巨大な猿である『キングコング』の最新作。
本作はハリウッド版『ゴジラ』との繋がりがあって、
ゴジラが出現する前の話なんだけど、
ゴジラにも出て来たモナーク機関やムートーという言葉が出てきたりと、
割と色々なところで世界観が繋がっていると感じさせるところが多かったかな。

爆弾を投下し続けるところの疾走感のあるBGMからの、
コング出現でヘリ部隊が一方的に落とされていくシーンは、
一気に雰囲気が変わってあれでまずは引き込まれたかな。
攻撃が全く効かない訳じゃないのに、
倒す事が出来ない絶望感みたいなものが伝わって来たシーンだった。

他の巨大生物も出て来るんだけど、
コングの敵役であるスカル・クローラーは、
コングだけではなく、人間にも容赦がなかったから、
人間がこの島では最弱というのをまざまざと見せられた感じ。

結構、人間のシーンが多かったけど、
あくまで怪獣達の戦闘の邪魔をしない程度になっていたのは良かったかな。
折角の怪獣同士の戦いがある映画だから、
邪魔になるようなシーンは入れないで欲しいと思っていたけど、
ちゃんと人間のパートと怪獣のパートとキッチリと分けていた感じ。
後はグダグダと死ぬシーンに割かずに、
あっさりと人がバタバタと死んでいったのも良かった。
下手にお涙ちょうだいになっていないのはいいところ(´・ω・`)

スタッフロールの後にまだ少し続きがあるのね。
そこで髑髏島にいるコング達以外の巨大生物がいる事が判明するんだけど、
そこにゴジラやキングギドラのシルエットが描かれた壁画が出て来たりして、
ここで完全に世界観が繋がっていると判明する感じ。
一応、モスラやラドンもあの壁画に描かれていたらしいんだけど、
僕はゴジラとキングギドラに目を取られて気が付かなかったな、残念。
最後にゴジラの咆哮がして終わりなんだけど、
怪獣映画としては今作はなかなか良かったと思う。

お猿さん(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ

テーマ:映画感想 / ジャンル:映画
[ 2017/04/30 23:27 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 キングコング:髑髏島の巨神 ゴジラ

やっぱり疲れていたのだろう

はいさい!今日は親子丼を食べたツバサさー。
親子(´・ω・`)
目 今日ものんびりと 2017/04/29
大幅に修正。
下描きはこれでいいだろう。

今日は休日出勤がなかったからゆっくり眠る事が出来た。
でも、いつも起きている時間に、
目覚ましが鳴っていないのに目が覚めてしまった(*ノωノ)
休日出勤が続いていたから変な習慣がついてしまったのかもしれない。
まだ眠ろうと思って二度寝したけど、
できる事なら目覚めずに眠っていたかったな。

今日は茶渋が付いてしまった水筒を洗ったり、
空気の入れかも半日ほどかけてやったりして、
一先ず、やりたい事は出来たから良かったかな。
後は録画しておいた『ワンス・アンド・フォーエバー』を観たけど、
やっぱり、迫力は凄い映画だと思ったかな。
ワンス アンド フォーエバー
ワンス アンド フォーエバー
ベトナム戦争をアメリカ視点から描いた映画なんだけど、
地上戦の悲惨さや死を間近で感じられるから、
ああいう撮り方ができるというのは凄いとは思う。

それから昼寝をしたんだけど、
少し眠るつもりが2時間ほど眠ってしまった。
こんなに眠るつもりはなかったんだけど、
やっぱり疲れていたのだろう。
ここ最近はずっと休日出勤があったから身体も疲れちゃうよね。

ゆっくり(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ

テーマ:ひとりごとのようなもの / ジャンル:日記
[ 2017/04/29 23:41 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 疲れ 昼寝 映画 ワンス・アンド・フォーエバー