今日ものんびりと 艦船
FC2ブログ














ヘッドライン

時事の話でもやってみよか

はいさい!タイトルはちょっとだけ関西弁風にしてみたツバサさー。
そういえば、食事は少しづつ取れるようになってきましたよ。
いやね、やっぱり食べれるのと食べられないのでは雲泥の差がありますね~。

さて、突然だけど最近のニュースだと、
海自の護衛艦に中国の艦船がレーダー照射したなんていう事がありましたね。
レーダーだけで何か危ないの?って思う人の為にご説明すると、
自分に銃口を向けられ、銃の撃鉄が引かれている状態を思い浮かべて頂けると分かり易いかと思います。
今までの挑発行為が、仮に拳銃をチラつかせる行為だったとして、
今回の行為は明らかに殺す為のものだと思うと度が過ぎていますね。

今回は中国軍側の艦船がミサイルの発射をしていなかったから、海自の護衛艦に犠牲者が出なかったけど、
もし撃っていたら撃沈されていたかもしれないのが、今回の事件なんだよね。
まぁ、勿論対空防御は取るだろうから簡単に撃沈できるか分からないかもしれないけど、
それでも、乗員に被害が及ぶかもしれないし、
それで戦端が開くことになるかもしれないから、日本としては今回の件を世界に訴えていくことが大事だと思う。
話が少し飛ぶけど、もし仮に戦争になるとして、外交で戦争が回避出来れば良いけど、
それが出来なかった時にも勿論備えておくべきだと僕は思うな。

一部の人を除いて、誰だって戦争なんてしたくないだろうし、
起こらないのなら、それが一番だとも思うけど、
無抵抗で何もしないというのは間違っていると思うよ。
勿論、人を殺すぐらいならば座して死を待つっていうのならいいんだろうけど、
そう思う人は多くないと思う、誰だって死にたくはないんじゃないかな。
信念の為に死ぬとかなら別だろうけどね。

今は米軍の庇護があるけど、日米安保にしたって、
アメリカのアジアでの地位にしたって、いつまで続くかなんて分からない訳だし、
今すぐではないにせよ、もしかしたら何かの理由で防衛線を縮小するかもしれないしね。
まぁ、あの国が簡単に利権や何かを手放すなんて思わないけどね(笑)

それで話は戻るけど、我が国は交戦規定の見直しや9条などの法整備、
自衛隊の装備なんかも全面的に見直す段階に来ているんだと思う。
今までは、運よく戦争にならなかったからといって、今後も平和でいられるなんて限らないんだから、
平和の為に戦争の準備をするべきだと思う。
守るべきは救うべきは、国民の生命と財産と日本国家だと思うし、
相手の国民と自国民を天秤に掛けるとしたら、自国民を優先するべき。
守るべき対象を間違えちゃダメだよね。

産業を巻き込んで、無人機開発に力を入れて欲しいかな。
読んで頂きありがとうございました!
にほんブログ村 アニメブログへにほんブログ村 イラストブログへblogram投票ボタン人気ブログランキングへ
ブログランキングに参加しています、ポチッと押して応援して頂けると嬉しいです!
スポンサーサイト





テーマ:ひとりごとのようなもの / ジャンル:日記
関連タグ:時事 自衛隊 護衛艦 中国 艦船 無人機 戦争

進路のお話その2

はい、という訳で「進路のお話その2」という話です。
ちなみに一昨日、及び昨日の記事の続きです。
三者面談のお話 進路のお話その1

改めまして、「進路のお話その2」という話です。
昨日の記事で書いた通り、今日から午前授業なので早く帰宅しました。
そして、進路について、じっくりと考えてみました。

やっぱり、自分は物作りが出来る方面に進みたいと思いました。
正確には、国防が担える職に就きたいのです。
国防が担えて、物作りが出来る職といっても、種類は様々です。
軍属機に積むプログラム開発や、銃弾なども物作りだと自分は捉えています。
そんな中でも、自分は艦船を作る仕事に就きたいと思っています。

「言うは易く行うは難し」という言葉があるように、
言うのは簡単ですが、実際問題、かなり難しい事だと自分でも認識しています。
ですが、挑んでみたいのです。
民間船の造船だって、難しいのですから、艦船となるとさらに難しいでしょう。
それに自分の頭の出来は、それほど良いものではありません。
だから、無理かもしれません。
ですが、ここで自分のやりたい事を無視して、
他の事をやってしまえば、絶対に将来後悔すると思うのです。

夢といえば、笑われてしまうかもしれません。
ですが、これが自分の夢、本当にやりたい事なのです。
ですから、この夢に向かっていきたいと思います。

なので、学校での進路相談も交えつつ、この夢に向かいたいと思います。
読んで頂きありがとうございました!

コメントありがとうございます!
マフィンさん
一生を左右することなので、じっくりと考えてみました。
そして、答えがようやく出ました。
アドバイスをして頂き、ありがとうございました!



関連タグ:学校 艦船 造船 自衛隊 海上自衛隊 海軍 大日本帝国 進路 就職