今日ものんびりと 英断
FC2ブログ














ヘッドライン

徹底的に叩く

はい、という訳で「徹底的に叩く」という話です。
今回で「愚痴・聞いて欲しいこと・闇黒面」での更新も25回目です。
今回は、このカテゴリー本来の運用方法でお送りします。

もともと、カテゴリー名にあるように主に負の感情を吐く為に設立されたのです。
だから、本来の運用方法で今日は書きます。
今回は、追記ではなく通常方法で書いて行きたいと思います。

実は今日、悪口を言われた訳ですよ。
生きていれば、その位の一つや二つあると思うでしょうが、
今回ばかりは、癪に障りましてね。
で、その時は特に何もなく終わった訳なのですが、
感情っていうのは不思議ですよね、後から怒りが込み上げてくる訳ですから・・・。

とまぁ、言われたという事は書いたのですが、対処をどうするかという話な訳です。
対処といっても、別に暴力に訴えるなんて真似はしませんよ。
いうならば、心のあり方ですかね。
選択肢は二つ。
一・気にしない事。
二・機会を伺い攻撃する。

普段なら、一を選ぶと思います“普段なら”ですが。
ですが、あえて二を選びます。
攻撃といっても、先程の記述通り、暴力で訴えるのはしません。
エレガントではないですし、何より身体的な屈辱よりも、精神攻撃の方が効果大と判断したからです。

精神攻撃といっても、あくまで口論に持ち込み、徹底的に叩き潰すことを目指します。
「目には目を、歯には歯を」
罵りには、罵りで返すのが今回の策です。
口で徹底に叩きます。

復讐じみた事をやって意味があるかと言われれば、断言します。
意味はあります、許せぬものは許せぬのです。
他人からしたら、たかがその程度での事でと思うでしょう。
だが、今回は今までの努力が否定された気分にさせられたのです。
言って良い事と悪い事も区別できない奴は許せない。

次の機会があれば、徹底的に叩いてやる。
読んで頂きありがとうございました!

コメントありがとうございます!
マフィンさん
確かに、クリスマスイブに雪が降るとロマンチックですよね~。
ホワイト・クリスマスは滅多に体験できるものではありませんが雪が降るといいですね。
スポンサーサイト





関連タグ:コミュ障 人見知り 作戦 戦略司令部 饒舌 英断 学校 戦争 殲滅 叩く

戦果報告04

はい、という訳で「戦果報告04」という話です。
今回で「愚痴・聞いて欲しいこと・闇黒面」での更新も21回目です。
戦果報告01 戦果報告02 戦果報告03
上記のリンク先は関連記事です、ご一読して頂くと今回の内容がより一層分かり易いと思います。


改めまして、「戦果報告04」という話です。
昨日は宿に向かって、移動を開始したところまで書いたので、
今回はその続きから書いていきたいと思います。

宿がある場所に向かって移動を開始した僕達でありましたが、
ついに宿の周辺地域に着きました。
その間にも、色々と話したりして楽しかったですね~。

しかしながら、周辺地域までやって来た訳なのですが、
宿のチェック・インまでには、まだ大分時間があるので、先に昼食を取りました。
昼食を取りつつも、次はどこに行くのかを話したりして時間は流れて行きました。

そんな中で、目的地として選ばれたのが、付近にある「ロープウェイ」でした。
僕達は、ロープウェイに向かって移動を開始しました。

そして、ロープウェイ乗り場に付いたのですが、
見上げてみると、結構山が高いんですよね・・・。
いやね、別に高所恐怖症という訳ではないんですよ?
でも、いざ、この山をロープウェイで登っていくと思うと多少は足取りも重くなるというものですよ。

そんな事を内心、思いつつも僕は乗り場まで行きました。
いざ、乗ってみると予想通り、結構な高さがある訳ですよ。
下に広がっていた街並みが小さくなるのが分かりました。
やっぱり、安全面は大丈夫だと分かっていても怖いものですね・・・。

そんな事を思っている間に、頂上まで着いていました。
そこから、少し階段を上ると周りと山々と下の町が一望できる場所があるのですが、
そこから見る景色はまた格別でしたね~!
天気は生憎の曇りでしたが、それでも十分なほどに壮大な光景でした。

景色を見て、下の乗り場まで戻る頃にはちょうど時間も大分過ぎていたので、
そのまま、宿まで行く事になりました。
宿に到着するとチェック・インをして、そのまま部屋に向かいました。
二人とも、疲れていたので、休憩も兼ねて「ガンダムAEG」を見ました。
その時、僕は色々と解説したりと割と饒舌になっていたと思います。

休憩を取り終えた僕たちは、お腹を空かせる為にカラオケに向かいました。
ずっと車で移動していた為、あまりお腹が空いていなかったからです。

そして、カラオケに着いた訳なのですが、
まず、初めに僕は「哀・戦士」を歌いました。
割と声がちゃんと出ていることに驚きつつも楽しんで一曲目を歌い終わりました。
そのあとも、二人で交互に主にアニソンを中心に歌いました。

ここで、少し話がずれるのですが、この時は「水樹奈々さん」の曲を歌わなかったんですよね・・・。
最後のトリで歌おうと思っていたのですが、丁度時間が来てしまって歌えなかったのが心残りでありました・・・。

カラオケを終えた僕たちは、本当なら夕食を食べに行くはずだったのですが、
二人ともお腹が空いていないという事で、そのまま宿に戻ることにしました。
戻った後は、宿のお風呂に入って、また少し話をしてから就寝しました。

とまぁ、こんな感じで一日目は終了しました。
疲れましたが、大変充実していた一日でありました。

いよいよ、明日は本命の2日目のことを書いていきたいと思います!
読んで頂きありがとうございました!

コメントありがとうございます!
マフィンさん
ええ、お泊りでしたよ~。
あれ?言っていませんでしたっけ?
確かに、人生は楽しむためにありますよね~。
この時に改めて実感しました。


関連タグ:コミュ障 人見知り 戦略司令部 作戦 饒舌 英断 メル友 宿 お泊り 恋?

戦果報告02

はい、という訳で「戦果報告02」という話です。
今回で「愚痴・聞いて欲しいこと・闇黒面」での更新も20回目です。
とうとう、20回目に・・・。
俺たちの旅は、まだまだ始まったばかりだぜ!(キリッ

戦果報告01
上記のリンク先は関連記事です、ご一読して頂くと今回の内容がより一層分かり易いと思います。

改めまして、「戦果報告02」という話です。
昨日の記事では、行くまでの心境を中心にお送りしましたので、
今回から、いよいよメインのお話に移って行こうかと思います。

当日は、相手が車で迎えに来てくれるという事で、
自宅近くのお店で待ち合わせをしました。
時間が近づいてきたので、家を出て待ち合わせ場所まで移動したのですが、
ここから、もう既に不安と緊張がありました・・・。
もう、心臓がバクバクと鳴っているのが分かるんですよ。
会う前から、これじゃ身が持たないなと自分でも思いました・・・。

そんな事を思いつつも時間は刻一刻と過ぎて、ついに約束の時間になってしまったわけです。
この時は「ついに、時間が来てしまったか・・・」なんて思ったものです。
正直に言うと逃げ出したかったというのが本音でしたね~・・・。
それに当日という事もあって不安と緊張はピークに達していました・・・。
そんな要素も加わって、ますます逃げ出したかったのです・・・。

そんな心境の中、やっぱり「会いたい」という気持ちが強かったので、
不安ではありましたが、相手が来るのをじっと待っていました。
上記で書いた通り、車で来るという事なので、
車が通るたびに、少しビクッとなったりしました。
車種を聞いていなかったので、どの車で来るか分からないだけに不安でありました。

そして、ついに約束の時間が来ました。
多少の誤差は予想していたのですが、やっぱり相手が現れないと不安になるではないですか。
待っている最中に「嘘だったんじゃないのか」や「本当は来ないんじゃ・・・」なんて思ったりしました。
でも、5分くらい経った時に僕の前に一台の車が止まったのです。

今回は、ここまでとさせて頂きます。
多分、後2~3回は掛かると思いますが、読んで下されれば幸いです。
読んで頂きありがとうございました!

コメントありがとうございます!
マフィンさん
続編が楽しみと言って頂けてとても嬉しいです!
文学的才能ですか~、もしかしたら本当にあるかもしれませんね(笑)
変な雑誌よりは面白いですか、そう言って頂けると僕もやる気が断然出てきます!


関連タグ:コミュ障 人見知り 英断 戦略司令部 作戦 饒舌 恋? メル友 オフ会

戦果報告01

はい、という訳で「戦果報告01」という話です。
今回で「愚痴・聞いて欲しいこと・闇黒面」での更新も19回目です。
後、一回で20回なんて胸が熱くなるな・・・。

改めまして、「戦果報告01」という話です。
土曜日が学校でバザーだったという話は覚えていますでしょうか?
バザー記事のリンク
詳しくは上記のリンクから、二つの記事に行けますので、そちらでご確認ください

という訳で、土曜日が登校日だったので、月曜日は振り返り休日だったのです。
という事は、日曜日と月曜日の二日間はお休みな訳です。
この二日間を利用して、“とある作戦”を実行しました。

以前、当サイトでは何度もメル友の事を書いてきました。
それも今回の作戦と関係しているのです。
実は、そのメル友と遊びに行ってきました
いやね、向こうがわざわざ遠くから出向いて、遊びに誘ってくれた訳なんですよ。
相手の住んでいる場所は伏せますが、こちらに来るまでかなり大変な訳です。
そんな苦労をしてまで、こちらに誘ってくれたんです。
わざわざ、僕なんかの為にですよ。

実際、「一緒に遊びに行こう」と言われた時は凄く嬉しかったですね~。
まぁ、冗談なのかなとも思っておりましたが、それでも嬉しかったものです。

そんな訳で、行く事になった訳ですが、不安が皆無な訳ではなかったのです。
よく会ってみて、殺されただとか暴力を振られるなんていう事も、よく聞くではないですか。
上記の他に、心配だったのが「嫌われること」が一番不安でありました・・・。

ご存知の通り、僕は喋るのが苦手なんですよ。
コミュ力なんて皆無な訳ですよ、社交性も減ったくれもないのです。
コミュ力の他に、容姿の事もありました・・・。
やっぱり、ネットだと相手に良い想像してしまうじゃないですか。
カッコいい人を想像してみたり、可愛い人を想像したりなどですね。
そんな事を思ってみたりして、だから本当に怖かったんですよ。

そんな事もありつつも、当日が来てしまいました。
会うならば、天祐を信じて吶喊するしかないのですが、
やっぱり、怖いものは怖いんですよね・・・。
段々と体が震えて来たのが分かりました・・・。

しかしながら、やると決めたのなら結果がどうなろうと成し遂げる事こそが自分の信念だと思いました。
だから不安でしたが、作戦は実行に移しました。

2011年11月27日「進作戦」発動ス

長くなりそうなので、幾つか分けて書いていきたいと思います。
読んで頂きありがとうございました!

コメントありがとうございます!
マフィンさん
ありがとうございます!
そうなんですよ~、次の日が学校だったので、
疲れているのに学校に行くなんて大変なんですよね~^^;
武勇伝と言うほどのものではないですが、見て楽しんで頂ければ幸いです。


関連タグ:コミュ障 人見知り 英断 学校 戦略司令部 作戦 饒舌 メル友 恋?

この手紙を読んでいるという事は

はい、という訳で「この手紙を読んでいるという事は」という話です。
今回で「愚痴・聞いて欲しいこと・闇黒面」での更新も17回目です。

実は、この投稿は「予約投稿」です。
ですから、今回はコメントの返信は出来ませんので、ご了承ください。
ちなみに「予約投稿」について簡単に説明しますと、
記事を書いたら、時間を設定しておき、
時間が来たら予め設定していた時間に記事が投稿されるという機能の事です。

この手紙を読んでいるという事は、もう既に作戦行動を開始しているという事だろう。
今回は、今までとは違い遂行困難な作戦だ。
これを誰かが読んでいる時には、もう死んでいるかもしれない。
冗談で言っている訳ではない、それほど困難かつ危険な作戦だ。
だが、あえて死地になるかもしれない戦地に向かおうと思う。
ここまま、堕落して生きるのは御免だからだ。
それに価値を見出したモノを捨てたくないからだ。
つくづく強欲だと自分でも思う。
死ぬかもしれない、だがそれだけの価値はある、そう思い出撃する。
生きて帰って来れたら、詳細を話そう。

生きて帰れたら、またお会いしましょう。
読んで頂きありがとうございました!


関連タグ:戦地 コミュ障 人見知り 英断 戦略司令部