今日ものんびりと 誤植














ヘッドライン

読んでいた小説を読み終わってしまった(´・ω・`)

はいさい!新しい本を二冊注文しておいたツバサさー。
いつ届くかしらね?(´・ω・`)
ハクオロとハク うたわれるもの 今日ものんびりと 2016/04/27
髪と目を修正。
手も一人回り大きくして修正はこんなところだろうか。
気が変わられければ明日からはペン入れといこうか。

読んでいた本が終わってしまった(´・ω・`)
単行本と小説を読んでいたけど感想は追々に書くかもしれない。
上でも書いたけどどちらも読み終わってしまったから新しいものを今日は注文しておいた。
いつ届くかしら?

小説を読む上で気になるところといえば、
話しの良し悪しや人物の魅力もそうだけど、個人的には誤植が一番気になる。
誤字や脱字はまだいい、違ったり抜けていたら勝手に脳内補完するしね。
でも、誤植だけは勘弁して欲しい。

以前、読んでいた小説で死期が近い女性に病室で思いを告げるというシーンがあった。
Aという男性の付き添いでBとCが病院まで行ったんだけど、
実際に思いを伝えようとしているのはAなのね。
それで一人で病室に入っていたAなんだけど、
ちゃんと思いを伝えて女性がそれに対して返事をしたのね。
「私もBさんが好きです」って。
ちなみにこれはAと書くところをBと誤植してしまったんだけど、これは流石に……。
そこを間違えるかなー?流石に名前の誤植はダメだと思うな。

他にはとある架空戦記ものなんだけど、物語はついに日米機動部隊の最終決戦に。
そこで主人公の零戦とライバルの米搭乗員のコルセアが戦うシーンがあったのね。
長年、戦い続けてきた二人だからこその白熱した戦いで、
間一髪のところで零戦が勝利するという展開なんだけど、
戦い終わって「○○中佐はついに勝利を収めた」みたいな事が書かれていたんだけど、
その主人公の階級は中佐じゃなくて中尉なのね……。
いや~、これは萎えた、最終決戦だよ、しかも展開もなかなか熱くて面白かったのに残念過ぎる。
普段の誤植ならまだいいんだよ、でも最終決戦でこれはやめて欲しかった。

普段のシーンなら誤植だろうと誤字だろうと、
これは実際に読んでいた小説であったけど、
地球の裏側にいるはずのそこにいない人物が登場したり、
話に破綻が生じたりするのも、まあまあ許せるしそこはスルーするよ。
でも、大事なシーンで間違えるのは萎えちゃうよね。

大事なシーンではやめてクレメンス(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト


テーマ:つぶやき / ジャンル:小説・文学
関連タグ:イラスト 絵のお話 小説 誤植