ヘッドライン

こんなに埃が出るとはΣ(´・ω・`)

はいさい!今日は結構眠ったツバサさー。
グーグー(-ω-)
のん美ちゃん(侍) 今日ものんびりと 2016/05/14
髪の毛までは完成かな。
服も薄くてまた次回に。
目のハイライトはどうしよう。

今日は敷きパッドを洗って干しておいた。
5月も半ばだからそろそろしまってもいいと思って、
洗ったんだけど明日ぐらいには乾いてしまえるかな。

敷きパッドの下に電気カーペットを敷いていたんだけど、
カーペット自体は洗えないから叩いて綺麗にしようと思って叩いたのね。
そしたら、埃が凄く出て来てびっくりΣ(´・ω・`)
パッと見そんなに汚れてはいなかったし、
綺麗だとは思っていたけど意外と埃も付いていたりするのね。
カーペットの両面を叩いて、後はしばらく日干ししようと思って干しているところ。

そういえば、今更ながらdTVで舞台版『電車男』を観てみた。
ドラマ版と映画版は観た事があったけど、
舞台版は観た事がないから気になってはいたんだよね。
電車男 舞台版
電車男 舞台版

~あらすじ~
武田真治演じる主人公は秋葉原の帰りの電車の中で、
酔っ払いに絡まれている女性を助ける。
助けた女性から連絡先を教えて欲しいと言われ教えた主人公はその後帰宅し、
主人公はその事を大型匿名掲示板「2ちゃんねる」のとあるスレに今日あった出来事として投稿する。
その後、女性からお礼という事で「エルメス」のカップを送られてくる。
主人公は女性に対して慣れていないので再び「2ちゃんねる」で相談し、
そこで主人公に対して「電車男」と呼ばれるようになる。
電車男はエルメス(女性に付いた渾名)に対して、
スレの住人達の助言を受けながら、エルメスと距離を縮めて行くが果たして電車男に訪れる結果は……。

様々なメディアを通して人気を博した『電車男』の舞台版。
舞台版はエルメスは出演せず、声のみでの登場という舞台ならではの演出が面白かった。
ちなみにエルメスの声を演じたのは優香。
舞台のセットは中央に電車男の部屋と大型スクリーン、
左右に3段ボックスのような感じでスレの住民達の部屋が再現されている。

感想としてはとにかく登場人物達のキャラクターが濃い。
舞台を観る機会はあまりないので正直この舞台版には期待はしていなかったんだけど、
登場人物達が面白くて笑えた。
舞台が行われたのは2005年なので台詞の中に古さも感じるけど、
それは役者達の演技によってさほど気にならずに楽しむ事が出来た。
テレビ版、映画版とも違った形の『電車男』として楽しめる舞台になっていたと思う。

月面兎兵器ミーナを思ひ出した(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト


テーマ:ひとりごとのようなもの / ジャンル:日記
[ 2016/05/14 23:36 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 電車男 舞台