今日ものんびりと 2012














ヘッドライン

最近観終わった映画

はいさい!足を蚊に刺されたツバサさー。
まだ蚊なんているのね(´・ω・`)
メリーちゃん ハロウィン 今日ものんびりと 2016/10/07
割と肌が濃くなってしまった。
さて、どうしたものかな。
このまま濃い路線で進めていくか、それとも薄めてしまうか。
濃いままでも面白そうだが、はてさて。

最近観たもので感想を書きたいものを4作品ピックアップ。
まずはこちらの映画から。
『チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?』を観た。
チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?
チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち!?
身体が入れ替わってしまった二人の男を描いたハートフルコメディー。
弁護士のデイヴは堅実で幸せな家庭を持っているが刺激がない生活を送っていて、
親友のミッチは役者志望で定職についていないがルックスの良さから女性にはモテモテ。
お互いに正反対の人生を歩んでいるけど、それをお互いに少し羨ましく思っている二人。
そんな正反対の二人がとある事を切っ掛けに身体が入れ替わってしまい……。

身体が入れ替わったからこそ、自分の人生の良さに気が付いたり、
衝突を繰り返しながらも親友の仲を深めていく。
勿論、ただの感動ものという訳ではなく、
ちゃんと随所に笑える要素を散りばめているので最後まで笑って感動できる作品となっている。
ただ、下ネタがかなり多めなので人を選ぶかもしれない。
下ネタはきわどいものも多いとはいえ、
是非とも身体が入れ替わった二人がそこから如何にしてクライマックスに向かっていくか、
そこを是非とも楽しみながら観て欲しい。

それから『テッド』。
テッド
テッド
以前テレビで放送されていた時は観なかったから今回が初鑑賞。
『チェンジアップ』よりもこちらの方がきわどい下ネタが多かった、これで好みが分かれそう。
今回は吹き替え版で観たんだけど、日本のゆるキャラなどの名前が登場したりして、
恐らくそれを楽しめるのは吹き替え版だけだろうから、
字幕版よりも吹き替え版で観た方が面白いかもしれない。
個人的には面白そうだからあのままくぎみーに幼年期から引き続き、
中年になったテッドの役までずっとやって欲しかったけど、
有吉氏の演技も慣れてくると悪くないかもしれない。

三作目は『幸せのレシピ』。
幸せのレシピ
幸せのレシピ
事故死した姉の子供を引き取る事になった料理長の女性を中心に、
引き取った子供との関係、そして自身の恋等をハートフルに描く映画。
母親になる事は出来ない、でも家族になる事は出来る。
そんな印象を物語が進んでいく内に体感できるのが本作のいいところ。
問題が決してない訳ではないけど、そんな中で少しずつ距離を詰めて行って家族に、
そして自身の恋とも向き合っていく女性を彩るのは数々の料理達。
単純に物語が進んでいく内に感動するのもそうだし、
料理がテーマの一つでもあるからそこも注目しながら観て欲しいかな。

最後は『2012』。
2012
2012
人類が滅亡の危機に立つがそんな中で必死に生き残ろうとする人々を描いた作品。
やはりまず注目すべきは映像美だろう。
最新の技術を使って描かれる人類の抗いようのない迫りくる滅亡は、
映像作品と分かっていてもやはりそのインパクトは絶大。
都市が、自然が、文字通り全てが滅亡していく。
破壊されるものに人工物も、自然物も関係なく全てが破壊されていく映像はまさに圧倒的。
肝心の内容だけど少し尺が流すきだような気がする。
基本的に破滅から逃げる→また更なる破滅がやってくる→また破滅から逃げるの繰り返しになるのは、
映画の内容的に仕方ないとしてもちょっと尺が長すぎたかな。
それから家族愛を描いているのと同時に人間の汚い本性みたいなものも描いているから、
家族への愛と独りよがりな欲望を描く事でいい対比にはなっているというのもあるかな。

映画(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 / ジャンル:映画
[ 2016/10/07 23:52 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 チェンジ・アップ/オレはどっちで、アイツもどっち! テッド 幸せのレシピ 2012