今日ものんびりと 映画
FC2ブログ













ヘッドライン

『シン・ゴジラ』を見てコロナ禍について考える

はいさい!結構眠っちゃったツバサさー。
疲れていたみたい(´・ω・`)
νガンダム 今日ものんびりと 2020/07/25
バーニアどうするかな。

旅行先の移動時間にAmazonプライムビデオで『シン・ゴジラ』を見たんだけど、
ふと今回のコロナ禍について考えてみた。
ちなみに詳しい『シン・ゴジラ』のレビューはこちらから。
ゴジラウィーク・#5『シン・ゴジラ』

ゴジラが上陸して第2形態、第3形態までだったら、
確か殺す事が出来たという設定だった筈なんだけど、
結局、戦闘ヘリを展開させたものの避難民がいたから発砲はしないで、
そのまま取り逃がしてしまったんだよね。
コロナにも言える事だけど、もし初動の段階で間違えずに実行できていたら。
映画を見てそんな風に思った。
ゴジラも第3形態なら殺せた訳だしあのまま射撃を許可していたら、
コロナも中国の新春の客を受け入れなけば。
結局はたらればになってしまうけど初期対応が全てだなとは映画を見ていて思ったり。

確かに市街戦になれば都民に犠牲者は出ていたかもしれないけど、
あれ以上にはゴジラの被害も広がらなかったし、
コロナもインバウンドの利益は得られなかった事になるにしても、
中国からの旅行客の渡航禁止を徹底していれば、
もしかしたらここまで広がらなかったかもしれないし、
そういう意味では本当に最初にどうするかが大事だというのは、
リアルでもフィクションでも同じ事であるとは思う。

結局、第2形態、第3形態で殺さなかったから、
第4形態でのあの甚大な被害だし、
コロナも広まっているからここまで人的、経済的被害が広がっている訳だけど、
最初にどう封じ込めるかそれをちゃんと出来るかが分水嶺だったんだろうね。

でも、もうこうなってしまったからには、
あの世界ではゴジラと共存していくしかないし、
この世界でももうコロナありきで生きていくしかないし、
切り離せない以上は共存していくしかないんだろうね。
付き合い方はこれからの課題になるだろうけど、
根絶できないのならば、”それ”ありきの前提で生きていくしかない。

諦めず最後までこの国を見捨てずにやろう(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

シン・ゴジラ
にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト




テーマ:映画 / ジャンル:映画
関連タグ:イラスト 絵のお話 ゴジラ シン・ゴジラ コロナウイルス 映画

『映画 刀剣乱舞-継承-』を観た

はいさい!傘を差さずに済んだツバサさー。
運がいい(´・ω・`)
νガンダム 今日ものんびりと 2020/06/30
ポーズ変更か、一考の価値はあるか。

旅行に行く時って何か映画を観ながら行くというのが多いんだけど、
今回はAmazonプライムビデオで配信されていた『映画 刀剣乱舞-継承-』を観た。
アニメ版は『花丸』や『活撃』全話観ていてキャラはある程度は分かる程度だけど、
実写映画の方はどんなものかと観てみた次第。

初めは実写化だから外れなんだろうな程度で考えていたものの、
予想外に気合の入っている映画でなかなか面白い映画だった。
確か俳優もミュージカル版の俳優を起用しているんだったけ?
だからなのか殺陣もかなり気合が入っていて、
上手くアクションとCGが混じっていてなかなか良かった。

~あらすじ~
時は西暦2205年。
過去の改変を目論む歴史修正主義者達の過去への攻撃が始まり、
歴史が大きく変わるという危機に人類は立たされていた。
そんな中、時の政府は歴史を守護する審神者(さにわ)と呼ばれる存在に歴史を守るように命じ、
審神者はかつての刀剣に人の形を与え、そしてそれは”刀剣男子”と呼ばれた。
時は過去に移り変わり、本能寺の変が起こった天正10年6月2日に、
時間遡行軍が歴史改変の為に攻撃を仕掛けると知った審神者は”三日月宗近”を始めとした、
刀剣男子達を燃えゆく本能寺に派遣する。
戦いの末、時間遡行軍を撃破し無事に信長の死という歴史を守ったと思ったのも束の間、
信長生存の一報が審神者達の元に届く。
歴史を守る為、再び過去に旅立つ三日月達だったが、
果たして彼等は正しい歴史を守る事が出来るのだろうか。


刀剣男子の再現度も高かったというのもあるんだけど、
あまり違和感を感じさせない感じになっているのも良かった。
後は変にキャラクターが崩れた性格にしていないというのも大きかったかな。
皮だけ借りて中身は別ものというのが一番最悪なパターンだからね。

話自体も有名な本能寺の変を題材としていて、
話に入りやすかったというのもあるし、
ちゃんと起承転結が出来ていたからそこは評価したい。
戦う刀剣男子も数を絞っていたから、
逆に画面がワチャワチャしていなかったしそこも観易さに繋がったのかな。
数が多いとどうしても一人当たりの印象が薄くなるしね。

よきかな(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

映画刀剣乱舞-継承-
にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
テーマ:映画感想 / ジャンル:映画
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 刀剣乱舞 映画刀剣乱舞-継承-