今日ものんびりと 2014年08月11日
FC2ブログ














ヘッドライン

小説の感想とか雑記とか

はいさい!今日は部屋の片付けをしたツバサさー。
お片付け\(`・ω・´)ノ オカタヅケ

たまには読み終わった小説の感想でも書こうかしらー。
取り敢えず、色々と読んでいるけど、
今回は『宇宙戦争1941』、『宇宙戦争1943』、『宇宙戦争1945』の感想でもね。

宇宙戦争1941 (朝日ノベルズ)
宇宙戦争1941 (朝日ノベルズ)
宇宙戦争1943 (朝日ノベルズ)
宇宙戦争1943 (朝日ノベルズ)
宇宙戦争1945 (朝日ノベルズ)
宇宙戦争1945 (朝日ノベルズ)

「真珠湾奇襲、先ヲ越サレタリ」
12月8日、真珠湾を攻撃に向かった日本軍機動部隊から、
飛び立った攻撃部隊が見たのは、紅蓮の炎に焼かれる真珠湾であった。
そんな感じで始まるのが『宇宙戦争シリーズ』だよ。
突然、地球各地で謎の兵器によって攻撃され始める各国。
絶望的なまでの性能差、自分たちの兵器が全く歯が立たずに、
各地で敗退を続けていく人類・・・。
あらすじはこんな感じだね。

最初は所属不明の兵器に蹂躙されて敗退を各地で重ねていく。
そして対抗するために人類統合軍の結成と、
熱い展開が続いて行く作品だったかなー。
読んでいて続きが気になって仕方なかったよー(´∀`;)

まずは既存の兵器が全く通用しないというのが絶望的だよね。
段々と戦術の変化や運用方法で工夫して戦っていく訳だけど、
やっぱり犠牲は多く出たりして・・・。
後は人類同士でいざこざがあるのも見所かな。
人類統合軍といっても一枚岩じゃないし、
各国の思惑とか摩擦があって機能不全を起こしたり。
ここでもハラハラさせてくれたね~。
そして最終決戦でついにあの超空の要塞と呼ばれる兵器が・・・!
ちなみに日の丸が描かれている機も登場するよー。
ネタバレはしないでおくから、
超空の要塞がなんなのか分からない人は読んでみてねー。

宇宙戦争を第二次大戦に持って来るっていう発想が面白くて、
戦闘だけじゃなくて、各国の思惑も出ていて、
単に宇宙人を相手に戦う作品じゃないから、そこにも注目して読んでみてね~。
話は変わるけど、部屋の片付けをしたよー。
大きい埃が出て来てびっくりしちゃった(笑)
暫く、掃除なんかもしてなかったからやっぱり埃もたまるよね~。

それで片付けついでに、遺書なんかも久し振りに見てみたんだけど、
なんというかやっぱり怨念というか、
憎しみみたいなものを感じるなーって改めて思ったり。
そういえば、まだ親への遺書は書いてないんだよねー。
なんとなく、何を書けばいいか分からなくて先送りにしていたけど、
ぼちぼち書いてかないとねー。
自殺した時に何が原因で死んだのか分からないと、
色々と憶測で言われるだろうし、それは避けたいもんね。
借金があったとか、なんとなく自殺したとか、適当に言われても困るし。
後はそろそろ自殺方法の選定もしないと。

んー、今日は長く書いたー(/・ω・)/
読んで頂きありがとうございました!
宇宙戦争 1/144 エイリアン・トライポッド
宇宙戦争 1/144 エイリアン・トライポッド
にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト





テーマ:読んだ本の感想等 / ジャンル:小説・文学
関連タグ:小説 感想 小説の感想 自殺 死にたい 遺書