今日ものんびりと 2017年12月27日
FC2ブログ














ヘッドライン

少しばかりの偽り希望と本当の絶望

はいさい!明日で仕事納めのツバサさー。
終わり(´・ω・`)
フェイト・テスタロッサ 今日ものんびりと 2017/12/27
そうか、身体が真正面を向いていないんだから、
下半身だけ真正面みたいな方向になるのはおかしいのかと、
骨のガチャポンのおもちゃを見ていて思った。
という事でまだ修正しないと。

『GODZILLA 怪獣黙示録』もあと少しで読み終わるというところまで来た。
1999年のカマキラスによるニューヨーク襲撃を皮切りに、
地球各地に怪獣という存在が出現し人類に対して牙を剥き始める。
各国の思惑が交差し人類同士の連携もいまだに取れぬままであったが、
怪獣に対して対抗する術を身につけて行く人類。
「人間は怪獣に勝てる」という僅かばかりの希望を持ち始めるが、
しかしそれが偽りの希望であり、
本当の絶望がある事を人類はあの日が来るまではまだ知らなかった。
2030年に米西海岸を襲ったG、怪獣の中の王、ゴジラという存在が現れるまでは……。

小説中盤ぐらいでやっとゴジラが出て来たんだけど、
今回の映画の中でも見せた強さ、いや強さという適切ではないか、
絶望そのものと言った方が適切だろう、がやっと見れた感じ。
いやでも、やっぱり文章ではなくてこの『GODZILLA 怪獣黙示録』は、
映像作品として観たかったというのが本音かな。
割と色々な怪獣が出て来たり、オマージュネタが散りばめられていて、
読んで面白いんだけど映像でこそ活かせるシナリオだとは思った。

この小説だと怪獣と関わった人達にインタビューしていくという形式なんだけど、
あくまで人々の記録としてはいい描き方だとは思うけど、
もう少し怪獣の方もクローズアップして欲しかったとは思った。
あくまでインタビュー形式だし、個人の視点を取材するという書き方だから、
この辺りは好みが出るところではあるかな。
ともかく、もう少しで読み終わるから楽しめると嬉しい。

うーがおー(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト





テーマ:読んだ本の感想等 / ジャンル:小説・文学
関連タグ: