今日ものんびりと 2020年10月21日
FC2ブログ













ヘッドライン

【ネタバレあり】『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』の感想+面接の話

はいさい!面接をしてきたツバサさー。
20分くらいで終わった(´・ω・`)
猫 今日ものんびりと 2020/10/21
あと少しで完成かな。

今日は面接をした帰りに『劇場版「鬼滅の刃」 無限列車編』を見てきた。
早めに面接が終わったというのがあったし、
テレビシリーズも面白かったから映画も見ておこうという流れで、
出掛けたついでだからそのまま見に行ってきた。 
※【劇場公開中の作品の為、ネタバレ注意】

-目次-

・あらすじ

・軽く感想

・ネタバレあり感想

・面接について+α




~あらすじ~

-その刃で、悪夢を断ち斬れ-

蝶屋敷での修業を終えた炭治郎たちは次なる任務の地である無限列車に乗り込む。
無限列車の車内では短期間の内に40人以上もの人が行方不明となり、
またそれを調査する為に送られた隊士も行方不明になっているという。
そこで炭治郎たちは鬼殺隊最強の剣士である「柱」のひとり、
炎柱の煉獄杏寿郎と合流し、鬼が潜む無限列車の中で鬼と対峙する事になる。
「落ちていく、落ちていく、夢の中へ」





~軽く感想~

テレビアニメから直接続くものだったから見ておきたかったというのもあるし、
テレビアニメの方が劇場版ありきでの終わり方だったから、
気になっていたのも大きくて今回は見てきた。
作画はUfotableが担当しているというだけあって本当に凄くて、
カメラワークも含めて戦闘シーンも迫力があってとても見応えがあった。

テレビ版からの劇場版だから変にキャラが崩壊していないかと思っていたんだけど、
いい意味でいつも通りの『鬼滅の刃』の感じを出していて、
ちゃんとコメディ要素もあったし、戦闘シーンはテレビ版以上に気合が入っていて、
テレビ版の延長線上でありながら、それを輪をかけて良くしているから見に行ってよかった。
今作は作り手の気合が入っているのが伝わって来たし、
こんなコロナ禍の状況だからこそ、
こういう素晴らしいエンターテイメントを提供してくれたのは本当にとても大きいと思う。

そして同時に映画館のコロナ対策にも称賛を送りたい。
こんな状況でも映画が見れているのは劇場の努力の賜物だし、
これから見に行く人もマスクなどの感染対策を実施して、是非とも本作を楽しんで欲しい。



・ネタバレあり感想

今回のメインは下弦の鬼を切るのがメインだと思っていたんだけど、
まさか終盤に上弦の鬼が出て来るとは思わずそこにはびっくりした。
下弦の鬼の血鬼術で幸せな夢を見させて、そこからみんなが目覚めて戦うまでは予想通りだったし、
炎柱の煉獄杏寿郎の活躍シーンもあるだろうと思っていて、
実際に活躍していたから、まあここまでは予想の範囲内だったけど、
内容自体がなかなかに良かったし、そこは素直に見に来てよかったと思いながら見ていた。

でも、炭治郎の夢の内容はなかなかに切なかったね。
家族関係が出て来るのは劇場版予告を見ていて知っていたものの、
実際にもう炭治郎の家族は妹ひとりを残して鬼に惨殺されているから、
それが夢の中だけとはいえ、生きて目の前にいるというのがなかなかに切なかった。
後は鬼との戦闘シーンで家族を使った悪夢を見せられた時に、
「俺の家族を侮辱するなっ!!」と激昂するシーンも良かったかな。
家族愛が強く信じているからこそのあの激昂だしね。

後は禰豆子が一々可愛くてそれが救いだった。
小さい禰豆子が色々とするシーンもなかなかに可愛かったし、
こういうシーンがあるのは一種の清涼剤だし、
『鬼滅の刃』らしさでもある訳だからこういうシーンがあるのは良かった。

でも、まさか煉獄が死ぬとは思わなかったなぁ。
炎柱という強い存在だったというのもあるし、
ある意味、今作のもう一人の主人公といっても過言ではないし、
再起不能となって退場するだろうと予想していたから予想外だった。

上弦の鬼を追い詰めたあの戦闘シーンも凄かったし、
実際にあと一歩というところまで追い詰めた訳だから、
本当に強い存在だったのに結局はあと一歩のところで逃がしてしまったし、
あそこで敢えて取り逃がしたのは鬼の強さや狡猾さを表す為に必要だったとは思うけど、
結構、この映画を見て好きなキャラだっただけに死亡してしまったのは悲しかった。

でも、テレビ版ではそこまで出番のあるキャラではなかったものの、
過去のシーンを含めてキャラを掘り下げて、
劇場版でここまで好きにさせるという制作サイドの努力も凄いなぁとは思った。
散り際での炭治郎への言った言葉もなかなかに感動したし、
実際に僕もあのシーンでは泣いたし、隣のおじさんも泣いていたし、
今作は未来へ繋がっていく想いというのもテーマだと感じたから、
そういうテーマが好きな人は見て損はない映画だと思う。

でも、意外だったのはテレビアニメ第二期のアナウンスがなかったという事。
ここまで人気なのだから第二期のアナウンスがあってもおかしくないのに、
それがないというのは結構意外だったなぁ。
劇場版の後に新作制作中のアナウンスが流れるというのはよくある事だから、
今回もそのパターンだと思ったんだけどね。



・面接について+α
面接の方は20分くらいで終わったんだけど、
練習のお陰なのかそこそこアピールも出来たし、
そんなに悪くない面接だったと思うんだけど結果はどうだろうか。
出来る事は全てやったんだけど面接官次第というのもあるから、
こればかりは結果を待つしかないよね。

でも、今回の面接官は二人いたんだけど、
最後にもう一人の方から入社可能時期はいつか?と聞かれたから、
これはどういう意図での質問なんだろうかと思ったり。
採用する気があるから質問して来たのか、
単に聞く事がなかったからお茶を濁す為に質問したのか、
意図が掴みかねるから何故聞いてきたのか分からないなぁ。

後は余談だけど電車が止まって映画館に入るのがギリギリになったり、
バーガーキングでクーポンを見せたんだけど、
相手が外人の店員さんだったから通常料金で払う事になったりしたのが+αのちょっとした話。
バーガーキングの件は仕方ないにしても、
何とか映画館に入ったのが本当に上映開始のギリギリの時だったから、
本当に間に合うか分からない状況だっただけに焦った。

己を滅して鬼を切れ(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

劇場版 鬼滅の刃 無限列車編 ノベライズ (ジャンプジェイブックスDIGITAL)
にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
スポンサーサイト




テーマ:鬼滅の刃 / ジャンル:アニメ・コミック
関連タグ:イラスト 絵のお話 アニメ 鬼滅の刃 転職活動 面接