今日ものんびりと 青年「強制労働命令?」
FC2ブログ













ヘッドライン

青年「強制労働命令?」

はいさい!明日行けばしばらくゆっくりできるツバサさー。
ゆっくり(´・ω・`)

「強制労働命令、ですか」
青年は向かいのソファーに座るスーツ姿の男に目を向けた。
屈託のない笑みを浮かべているが、
しかしこの男の口からは”強制労働”などという物騒な言葉が飛び出している。
「国の取決めですからね。
5年以上の期間を過ぎても労働しようとしない者は強制労働の対象となる」
「あなたもご存知でしょう?」
ええ、と僕はばつが悪くなり思わず目を逸らす。
所謂、僕は"引き籠り"なのだ。
だからこそ、情けないがこの手の話にはどうしても耳が痛くなる。

50年以上前に決議決定された"労働の義務に関する法律"は、
この日本では当たり前の法律であると認識されている。
決議が裁決された時は流石に反対もあったと聞いたことがあるが、
労働人口の減少、そして何よりも国家の利益に大きく貢献している為なのか、
今では反対の声も聞かれない。

「強制労働とは言っても奴隷のように働かせるわけではありません」
男は笑顔を浮かべつつ説明を始めた。
強制労働とはいっても死ぬまで働かせるのではなく、
あくまで海外輸出用の穀物の生産や、
これまた輸出用部品の組み立てに駆り出されるぐらいだとスーツの男は言う。
適性があれば肉体労働もあると付け加えた。
強制労働者が生み出した物は海外での評判も良いと言った。
日本が輸出国として歩んで行けるのも彼らの存在があってこそ、という事なのだろう。
強制労働ではあるが、個人の適性に合わせた場所に配置される。
そして担当の監査官がその場所に就職を認め、また強制労働者本人も希望すれば、
就職先として就職することが可能であり、就職の時点で強制労働からは解放されるという事だった。
これが支持されている理由の一つだとも言った。
「言わば実習のようなものとお考え下さい。
引き籠りやニートである方が労働の喜びを知って社会に進出できる機会なのです」

自分にあった場所が選ばれるという意味ではいいのかもしれないと思った。
実際に就職をし社会復帰して強制労働から解放された者達がいうには、
"天職を見つけた"と皆口を揃えて笑顔で語っている。
僕の知り合いにも同じ事を言う人が多い。
「適性のある仕事……」
「あなたの能力にあった素晴らしい職場しか選びませんので、
どうぞ存分に働いて頂けます」
終始笑顔を崩しそうにないこの男の話を聞いた僕は少しずつではあるものの、
興味を抱き始めていた。
もっとも興味がないとしても強制労働をさせられることはもう避けられないのだが……。
「おっと。説明に時間を掛け過ぎてしまいましたね。
衣服や住居などはこちらが用意いたしますので、
適性検査をした後に、あなたにはすぐに素晴らしい労働をして頂けます」
そう言い終わると男は車を待たせていると言い、
笑顔で"それでは参りましょう"と言った。

実際にこういう法律が出来るか分からないけど、
強制労働させて社会進出を促す日本はこうかな、なんと思って書いてみた。
寮暮らしみたいな感じで集団生活をさせて働かせて、
コミュニケーション能力の向上、そして社会の構成員としての自覚を持たせる。
ある程度の人権は考慮して強制労働させるというのは、
大きい国益が出ると認められたりするのかなー?
ともかく、人権とか諸外国の反発、国内の法整備、
やるとしても問題は積みだろうね。

国益の為ならある程度は個人を犠牲にしても良いのかという問いでもあるのかも?
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:短編小説 / ジャンル:小説・文学
関連タグ:自作小説 短編

強制労働がもしできたなら・・・。

今の人権擁護の世の中で、強制労働法が整備されるのは難しいけど、
もしあったら面白い。
職のマッチングをしてくれるなんて、キャリアコンサルタントを目指す私にとってうってつけの仕事じゃないですか。スーツ姿の男w
まぁ、マッチした仕事をしている人が、世の中にどれだけいるのか知りませんがwww
[ 2014/09/19 05:29 ] [ 編集 ]

幅が

ツバサ様幅広いですね。
今日は、SF?ショートですか?
このお話面白かったです。
強制労働でも東の国みたいにホントに奴隷的でなければいいかも。
結局就職しちゃえば強制みたいなモンですし…

ところで以前書かれてらした、小説
妖怪とガンダムが協力してゴジラと戦う
少年少女冒険活劇とか、だめですか?
[ 2014/09/19 12:38 ] [ 編集 ]

こんにちわ^^

国家が労働するに相応しい環境を整えてくれるならそれも有りかな?
今の日本は相応しい働き場が無い。見出せない。と言った劣悪な環境ですね。
国は労働条件から、福利厚生まで企業に丸投げしてる状態(笑)
[ 2014/09/19 14:37 ] [ 編集 ]

こんばんは(*^^*)

賛否はあるかも知れませんが伝統工芸なんかはそうすると良いかも知れませんね(*´ω`*)

廃れてなくなったモノがたくさんありますからね(*´ω`*)
[ 2014/09/19 19:17 ] [ 編集 ]

こんばんは

近未来SFショートショート?
とても面白かったです。
幅広い才能があるんですね。
素晴らしいです。
このような未来が来てもおかしくないかもですね。
今の仕事に限界を感じている人達に、新しい仕事をマッチングしてくれたら、もっといいな。
強制労働に肯定的になる世界も怖いですね。
[ 2014/09/19 20:24 ] [ 編集 ]

しかしてその実体は!

「ブラック企業安定人材供給システム」

なんてオチじゃないのかなあ。
[ 2014/09/19 20:30 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

はっぴーころたさん
民主主義を標榜としている国家では、
強制労働を是とする方を作るのは難しいでしょうね~。
逆に民主主義だからこそ、
賛同者が増えればそんな法の実現もあるかも……?

キャリアコンサルタント、公務員で尚且つ人の職業を選ぶ仕事となれば、
それなりに試験の内容も難しくなりそうですよね~(><;)
その分、お給料も高いのかもしれません(笑)
マッチする仕事を見つけるって難し気がします。
「やりたい仕事」と「向いている仕事」って全然違ったりしますしね(笑)
[ 2014/09/20 10:16 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

TYPE MM04さん
うふふ、幅広いですかー(笑)
ジャンルは何になるのでしょうね~、SFでいいのかな?
それはともかくショートだという事だけは確かですね(笑)
ありがとうございます~。
人としての尊厳を貶めずに強制労働は両立できるのかといわれれば、
確かに難しい事なのかもれしませんが、
今の社会の状態が尊厳を貶めていないかといわれればどうなのやら……(´∀`;)
あーですねー、結局就職したら強制みたいなものなんですよね(><。)

それは随分とカオスな内容になりそうですね~(笑)
実際に書くとしたら設定も相当、練らないとダメですね~。
そしてあの小説も続きを書きたいのですが、なかなかやる気が(*ノωノ)
[ 2014/09/20 10:31 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

sado joさん
国家が企業に介入するとなると大変なので、
なので国営企業に就職することになるんですかね~。
ちゃんとした職場を用意して働ける国なら、
少しは労働の意義が見いだせるのでしょうか(`・ω・´)
この小説の様な法が無理でも、
ある程度は企業に大して国による監督が必要だとも思いますけどね(´∀`;)
[ 2014/09/20 10:47 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

たけぞうさん
ああ、伝統工芸は跡継ぎがいなくて、
どんどん廃れていっていると聞きますもんね~(´Д⊂ヽ
後進の育成という意味では案外いい法なのかもしれませんね(笑)
[ 2014/09/20 11:27 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

ダンゴムさん
現代では無理でも未来でなら、
こういう法の実現もあるのかもしれませんね~(笑)
価値観も大きく変わる可能性もありますしね(`・ω・´;)
ありがとうございます~。
才能なのでしょうか、うーん自分ではわかりませんね(笑)
向いていない、それこそ辛い仕事をし続けるよりも、
自分に合ったより良い仕事を選んでもらった方が、
幸せのような気がするのはいささか傲慢なのかもしれませんが、
そのようが生きやすいと思います(笑)
強制労働に肯定的だと相対的に命の値段も下がる、そんな気がします。
[ 2014/09/20 11:38 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

ポール・ブリッツさん
うふふ、実態に気付いてしまいましたかヾ(゜∀。)ノシ
気付かれたからには、
"楽しい職場"に行ってもらうしかありませんなー(笑)
冗談はともかく、国家と企業が癒着したら本当に、
就職先はブラック企業行きだけになってしまいうですね(><。)
[ 2014/09/20 11:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fatelove77love.blog39.fc2.com/tb.php/1265-af6b99fb