今日ものんびりと 帰ってきたヒトラー














ヘッドライン

帰ってきたヒトラー

はいさい!読んだ本の事を書くツバサさー。
ハイル・ヒトラー!ヾ(`・ω・´)

諸君は『帰ってきたヒトラー』という本をご存じだろうか?
え?知らないって?
……あ、知らないって言った人達の所に、
今ゲシュタポが向かったから逃げた方がいい(`・ω・´)
前置きはこの辺にして、本題に入ろうか。

帰ってきたヒトラー 上    帰ってきたヒトラー 下
帰ってきたヒトラー 上  帰ってきたヒトラー 下

まずは表紙に目が行く人も多いだろうね。
そうヒトラーの髪とちょび髭が表紙のデザインになっているのが、
まずは面白い点だろうね~。

拳銃自殺を図ったヒトラーが何故か現代に蘇ってしまう。
しかし彼は自分が自殺したことを覚えていない。
そんなところからこの物語は始まる。
彼はあのアドルフ・ヒトラーだ、勿論本物のヒトラーだ。
まずこの本を楽しむ上で彼という人間が、
彼のまま生きているという事に注目してもらいたい。

現代に溶け込もうとするわけではなく、ヒトラーはヒトラーとして行動をする。
最初は周りからコメディアンとして誤解されるけど、
それを逆手にとってテレビで彼は大ブレイクする。
そこには現状のドイツを嘆いたり改革を促そうとする彼の姿がある。
ドイツ、かつて彼が『第三帝国』と呼んだドイツの復活を目指そうとするというよりも、
より良き、ドイツ人の為の国を作ろうとしている点に注目して欲しい。

この物語のヒトラーは愛の人だとも読んでいて感想を抱いてもらえると思う。
愚直なまでにドイツと、ドイツ人を愛しているヒトラー。
愛というよりも一種の使命感なのだろうか。
ナチス・ドイツのヒトラーでもなく、政治家としてのヒトラーでもなく、
彼個人の姿がこの本には表現されている。
残忍な人間と呼ばれていても、
でもそれは一面にすぎないとこの本の中の彼を見る事によって我々は知るのだ。
現代という世界でナチスが存在せず、
ゲーリングやヒムラー、エヴァ等の実在の人物たちが、
いなくなっている世界だからこそ、彼を彼個人としてこの物語では見る事が出来るのだ。

そしてヒトラーだけではなく、現代のドイツについても垣間見る事が出来る。
本当の意味で戦後からの脱却、自国の歴史について、
そして一民族としての誇りの大切さを、
彼はこの本の中で我々に教えてくれていると思うのだ。
国民である以上は、国家の構成員なのだ。
決して他人事と思わずに政治に参加する事、
一民族としての誇りなども、ドイツと同じく現代の日本に欠けているものではないか。
これはヒトラーという彼の物語であるが、同時に我々に様々な問いをしてくれる小説だ。
どうぞ、ご一読願いたい。
アドルフ・ヒトラー、彼と一緒にどうぞ物語の中に飛び込んで、
彼と共に楽しみ、そして問いの答えを自分自身で見つけて欲しい。

ハイル・ヒトラー!ヾ(`・ω・´)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:読んだ本の感想等 / ジャンル:小説・文学
関連タグ:小説 小説の感想 ナチス ドイツ 日本 アドルフ・ヒトラー

ナチスドイツ

ヒトラーと言えば言わずもがな、なんですが意外と現代に復活すれば、このくらい明瞭な意志を持った人が、全うな政治をすると、もしかしたらうまくいっちゃったりして。。
カリスマ性半端ないですからね〜w
極右翼的なドイツ至上主義に走らなければ、ですが。。。
[ 2014/09/30 05:00 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/09/30 11:45 ] [ 編集 ]

むつかしいですね

これも、架空戦記モノですか?
信長公とかのもあったような…
国民が政治に興味がないのも、一種の独裁政治かも?
今の日本は?
ただ彼の過去の所業は…
まぁ彼一人ではないのでしょうけど…
[ 2014/09/30 12:36 ] [ 編集 ]

No title

ファシズムというものは国民の共感を得ないから恐ろしいのではありません。

ナチス統治下のドイツで完全に公平で民主的な投票を行えば、圧倒的な支持でナチスが勝つでしょう。

支持するものに対してはファシズムは優しく頼もしく庇護してくれて誇りを取り戻してくれる政治体制であるのです。

問題は、その支持する「多数」から何らかの理由によって漏れてしまったものに対する行為なのです。

ファシズムはそうした少数派に、多数派になるか存在をやめるかの二択を突きつけます。

この徹底した少数派の切り捨てにより、「多数派」はより純粋な「多数派」になります。切り捨てる少数派がいなくなったら、「多数派」の中に必然的に存在する「相対的少数派」の部分が次の攻撃のターゲットです。

この少数派切り捨てのサイクルは、どんどん「多数派」の純度を高めていきます。純度の高くなった「多数派」は「他者」の存在を基本的に認めなくなります。

その行きつく結果が、世界よりの「他者」の排除と、「多数派」に取り込むための最終的手段である、「戦争」です。


わたしには単純にファシズムを礼賛することはできそうもありません。
[ 2014/09/30 16:11 ] [ 編集 ]

こんばんは(*^^*)

しっかりと読んでますね!!(゜ロ゜ノ)ノ

さすがです(*´∇`*)

こういう難しいテーマでもしっかりと自分の考えを言えるのは大事だと思います
[ 2014/09/30 20:33 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

はっぴーころたさん
昔の考えを持っていて、なおかつ今の考え方や知識を吸収できる人なら、
全うな政治を行えそうですよね~。
あまり過激な政治体制を敷かなければ案外……|`・ω・´)
カリスマ性はありますもんね~、後はそれをどう使うかですね。
民主主義って一度支持され出すとそればかりになるので、
至上主義でも支持されれば、そういう方向に進んでしまいそうなのが怖いですね(>Д<)
[ 2014/09/30 21:15 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

鍵付きコメントさん
まずは嘘だと判断するには、政府が発表した根拠等を示していただかないと^^;
アメリカやソ連などがヒトラーの逃亡を疑って、
調査隊を送っていて、死んだという確かな証拠が掴めなかったという証言もあるそうですが、
同時に逃亡したという証拠も掴めなかった訳ですから、
逃亡したと断じてしまうのは早計ですね。
ただ、逃亡したいたとしても彼が再び表舞台に立つことはなかったのですから、
それ程、問題ではないのでは?
真相の解明など余程の歴史好きか、歴史学者がやるでしょうしね(´∀`;)
ユダヤ人説についても彼自身が正式に調査させているそうですが、
結果はユダヤ人ではないと出ているようですし、
何よりもヒトラーはユダヤ人だったとしてもそれに何の問題もありませんよね?
もっともまだ彼が生きていたとかユダヤ人だったとか言うのはロマンがありますが、
米・英が正式に生存は否定している訳ですから、それが史実なんでしょうね。
真実はともかくとして、ですけどね。
[ 2014/09/30 21:41 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

TYPE MM04さん
一見すると架空戦記モノのように見えますが、実は戦いません(笑)
この手の小説だと戦争でもするのかと思いきや、
意外とそうじゃなかったりしますよね~。
政治に参加する事、独裁政治について、国について。
どれも難しい話ですが、色々と考え出すからこそ、
圀を良くしようという効果が働くのかもしれません(*´ω`*)
仰る通り、ヒトラーだけで終わりではなく、
他の人達にも焦点を当てるのもいいとは思うんですけどね~。
[ 2014/09/30 21:54 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

ポール・ブリッツさん
勿論、どんな主義でも悪い所はあるんですよね。
大多数がそれに賛成してしまうと、まるでそれが正義のように思いがちですが、
ファシズムを含めて主義というのは『誰にとって』、
よく正しい主義なのか、一人ひとりが見極める必要があります。
国家に属している以上は政治と向き合わねばなりませんからね。

その時代を生きる人々にとっては熱病に浮かされたように考えが定まらないかもしれませんが、
自分がいいから他者は排除していいのか、少数派は切り捨てていいのか、
色々と考える事が大事だと思います。
全員が幸せになれる世界等は幻想ですが、
少なくとも全員が幸せになれるような政治体制や主義を考える事は必要でしょうね。
まずは自国の事から考える。
ファシズムでもなんでも良い所は取り入れて国家は絶え間なく成長させる。
時にはや戦争という形で失敗が訪れるかもしれませんが、
結局のところは何か考え、行動するしかないですからね。
待っているのが破滅ではない事を願いながら。
[ 2014/09/30 22:06 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

たけぞうさん
内容が面白かったので割としっかりと読みました(笑)
面白いとどんどんハマって行きますよね(*ノωノ)
意外と僕も含めて大多数の意見に流されがちですが、
『個』である以上は自分からも何か発信していくのが大事ですもんね(*´ω`*)
[ 2014/09/30 22:09 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fatelove77love.blog39.fc2.com/tb.php/1276-adac817c