今日ものんびりと 血は赤いが生命の尊厳は同じか
FC2ブログ














ヘッドライン

血は赤いが生命の尊厳は同じか

はいさい!今週も疲れたツバサさー。
お疲れなの(-ω-)
窓際の少女 今日ものんびりと 2015/02/20
今日は少しだけ進めるのらー(/・ω・)/
髪を少し塗ってみたんだけど、あんまり色が出てないね。
昨日みたいに濃く出過ぎるのも困るから、まだこっちの方がいいかな(´∀`;)
続きはまた明日描いて行こうと思う。

ちょっとした独り言なんだけど、
人の血は誰しも赤いが、同じく血が赤いからと言って生命の尊厳もまた同じか、とね。
「かわぐちかいじ氏」が描いていたジパングという漫画があってね、
海上自衛隊のイージス艦「みらい」が、
第二次世界大戦中にタイムスリップするという内容なのだけど、
その作中でガダルカナル島の時に角松二佐と草加少佐の間でこんな会話があってね。
角松
「俺達にとって人間の流す血に違いはない!全て赤いんだよ!」


草加
「生命の尊厳に国家民族の違いはない、その通りです。
角松二佐。私はあなたの言葉に救われた思いがしている」


角松
「なに?」


草加
「60年後の日本人、しかも戦闘艦の指揮官たる人間がその考えを持つことを私は誇りに思う。
だが、それは平時のモラルです。残念ながら今は戦時なのだ。
悲しむべきことに今、日本は軍民の区別ない総力戦を戦っている」

本当はもっと長く話しているんだけど、取り敢えずここまでね。
ちなみにこの時のシーンではガダルカナル島に上陸した米海兵隊に、
史実ではなかった艦砲射撃を以て、
米海兵隊を殲滅しようかという展開になろうとしているシーンなんだけど、
例え上陸作戦の阻止であっても、これは一方的な虐殺であると主張する角松に、
なおも譲ろうとしない草加の会話なのね。

戦時であればこそ例え一方的な虐殺であろうとも、自分なら艦砲射撃を実施すべきだと思う。
モラルを持っている人間は尊敬に値するという点に異論はないが、
やはり平時のモラルを戦時に持ち出すべきではない。
「みらい」がタイムスリップしている時点で「みらい」乗員を取り巻く環境は、
現代の環境やモラルが通じるものではなく、第二次世界大戦時の環境になっている。
確かに史実では死ななかった米兵が死ぬ訳だけど、
歴史を変えなければ、史実と同じく大勢の日本人が死ぬのもまた事実になってしまう。
日本各地の空襲や原子力爆弾の投下がそれだ。
確かに生命に国家民族の違いはないが、
後々の自国の国民が犠牲になるのが分かっていて、
それでもなお敵兵が死ぬのを阻止するのが本当に正しいのか。

何も国粋主義や選民意識からの事でないけど、
命の尊厳に違いはなくとも、天秤にかけなければいけない時が来た時に、
何も選ばずにただ見てみぬ振りをしようというのか。
選ばなければいけない時が来たとすれば、迷わずに自国の国民や国家を優先すべきだ。
今回のこれは作中の出来事ではあるが、
敵味方全てを助けたり、それで幸せな結末を迎えられるのはフィクションの中だけの事であって、
実際には常に選択し決断しなければならない。
どちらが大事なのか決められないのであれば、全てを失う。
命の価値は同じであっても、自国の民を犠牲にしてまでそれは守るに値するモラルなのか。
奪い殺しにやってくる人間を殺すのがそんなにいけない事なのか。

生命の価値も必ずにも同じではないし、世界には絶対に死ぬべき人間はいると、
それが正しい事だと僕は思っているが、
自分の大切な人や周りまでも犠牲にして守らなければならないものとはいったい何なのか。
一度考えてみるといい、自分の親や兄弟、恋人や子供が惨たらしく殺される様を。
何も戦争に限った話ではないが、殺人犯などに殺されると分かっていて、
その殺しに来る敵を殺すのがそんなにいけない事だとはどうしても思えない。

とまあ、色々と書いてきたけど育ってきた環境や時代が全く違うんだから、
角松と草加の意見が違うのは仕方ない事だとは思うんだけどね。
個人的には草加の意見に賛成なんだけどね。
日本が戦争をしていない現代と、第二次世界大戦中の日本だと、
同じ日本であっても環境は全く違うし、環境が違えば考え方も変わってくるんだから。

コメントのお返事はまたあとで~(/・ω・)/
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:ひとりごとのようなもの / ジャンル:日記
関連タグ:絵のお話 イラスト 漫画 ジパング 戦争 第二次世界大戦 モラル 独り言

う~ん

難しいですね。
何を言おうが人殺しですし…
自分の守るべきもの、のために戦うのは理解できますが
そのとき、本当に人殺しになる覚悟があるか?
いじわるな言い方だと現代人に、その覚悟がなくて
単に人殺しになるのが嫌なだけにも見えます。
今本当にそれが出来る人がいるかどうか?
[ 2015/02/21 04:04 ] [ 編集 ]

こんにちは^^

やはり歴史を変えたくない角松と
草加のやり取りがどうなるのかと
ついつい読みたくなりそうですね。
専守防衛もどう描かれるのか、今の日本がどう対応していくのか、
これは読んでみたいです!
このまま未来が(現代?)最後はどういう結末を迎えるのかとか
気になります(;^-^)

スキャナーって実際とは違うように
出ちゃうこともあるんですね。
濃さが変わるとイメージが変わるから、見たまま出てほしいですね!




[ 2015/02/21 06:52 ] [ 編集 ]

懐かしい

懐かしい漫画ですね。映画化もされましたよね。

傑作ですね!!
[ 2015/02/21 08:44 ] [ 編集 ]

お、絵が上手くなっていますか。。。
そういう印象を受けます。
なんというか、髪質がちょっとかわいく繊細になってきつつあるような。
こういう風に見ると楽しいですね。
[ 2015/02/21 09:44 ] [ 編集 ]

こんにちわ^^

う~む…「湾岸戦争」の頃、アメリカ兵一人の命はイラク兵100人に等しい。
と言った政治家がいました。その傲慢さが今日の結果を招いてると思います。
無人機(ロボット)でお手軽に敵を殺すと言う発想は、いかにもアメリカらしい(嘲笑)
[ 2015/02/21 14:03 ] [ 編集 ]

下描きの時点でこれまた凄い作品だと感服しておりましたが
工程が進むにつれてより一層素晴らしい物になっていますね
ペン入れも緻密で 繊細な雰囲気がよく伝わってきますよ!
色塗りに一度の失敗も許されないのがアナログのネックな点ですからね
折角素敵な線画ですから どうか頑張って仕上げられてください!

モラルは理想として 誰の心にも当然のように根付いているものですから
その当たり前な事を状況も読まずに叫ぶのは
やはり些か浅はかと言わざるを得ませんよね
戦時中は勿論 今現在も世がシビアなのは変わりませんから
出る所は出る 引く所は引くと正しく線引きをして行動しないと
結局身を滅ぼしてしまいますしね
[ 2015/02/21 19:01 ] [ 編集 ]

私が思うに、結局人は普段は綺麗事並べられても、実際にその時になったらパニクって自分に都合いいことしか言えなくなるんですよね。

私も日頃は人間同士で殺し合いたくないと言ってますが、もし本当に自分や家族を守らなくてはならなくなったら迷わず相手を殺しますね。ただ、後々「あの人にも家族がいたんだろうか」とか悩みます。


世界は残酷なんだから。
『やらなければやられる』
なら
『信頼に足る仲間を信じても自分を信じても結果はいつも分からなかった。だからせいぜい後悔しないほうを自分で選べ』と言われるように悔いなき選択をするかと。

まぁ今の平和な日本では考えられないことですが… だからやっぱり戦争はしたくないですね。それが一番♪
[ 2015/02/21 22:26 ] [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2015/02/22 00:07 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

TYPE MM04さん
戦争においては国家の方針の前に、人の意思が来ますから、
現場の人間まで国家の方針に従って人を殺せるかというのは疑問が残りますよね。
戦う覚悟と殺す覚悟は全く違いますが、
必要に迫られれば人を殺すと思います。
本当はその必要に迫られる瞬間が来ないのが一番なんですけどね(´∀`;)
人を殺せないから、人を殺す事が出来る、
そんな人が多くなる事態にならないのがいいんですけどね~。
[ 2015/02/22 00:11 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

yume-miさん
角松のように歴史を変えたくないというのも分かるのですが、
草加のようにその先の未来を知っているからこそ、
変えねばならないという方が共感できたりしますね。
専守防衛や今の日本がどう対応するかというのは気になりますよね。
結末は伏せておきますが、衝撃的なラストみたいな感じなんですよ~。

そうなんですよ~、実際とは違うように出てしまう事があるので、
そういう時は困っちゃいます(´∀`;)
見たまま出てくれるのが一番ですよね~。
変に濃さが変わるとイメージもガラリと変わりますしね\(゜ロ\)(/ロ゜)/
[ 2015/02/22 00:19 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

マフィンさん
もうだいぶ前に完結しましたし、懐かしい感じですよね~^^
映画化もされていましたっけ?
アニメやゲームになったのは知っていましたが、
映画化されていたとは初耳でした(・ω・)
[ 2015/02/22 00:21 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

LandMさん
あらあら~、ちゃんと上手くなっているように見えますか?
ありがとうございます♪
髪質も良い方向に行っているように見えるのなら良かったです(*´ω`*)
なかなか髪も難しいですが、繊細に見えると嬉しいです(笑)
[ 2015/02/22 00:24 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

sado joさん
命の重さについてはすべからく価値も同じというのも理解できますが、
自国民と他国民を区別や比較をしたりするというのは理解できるんですけどね~。
ただ、思っていても公の場で発言できるという所が傲慢な所ではありますね^^;
被害が出ないという面ではいいのですが、戦争のハードルを下げない意味を込めて、
殺し合う戦争こそが意味があり、それが必要だと思うんですけどね。
[ 2015/02/22 00:35 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

温玉さん
ちゃんと進むにつれて良い作品になっていますか?
ありがとうございます♪そう言って貰えると描いている甲斐があります^^
ちゃんと繊細に見えますか、これは失敗しないように描かないといけませんね~。
本当に失敗が許されないので慎重に行って、
仕上がるまで頑張りますね~(´∀`)

理想があるというのはいいですが、
状況がそれを許さない時であってもそれを叫ぶというのは、
正気の沙汰とは思いませんしね。
それ時々にあった対応をしていかなければ、
本当に身を滅ぼすだけですし、周りも全て巻き込んで滅びますしね。
モラルだけではなく、必要な行動はいかなる時であっても取らねばなりませんね。
[ 2015/02/22 00:47 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

ぷにあさん
平時であれば綺麗事を言っていても、
いざ有事の際には自分や自分の周りにとって都合のいい事しか言えませんよね。
それが言えるのも平和だからこその綺麗事なんですよね^^;

僕も普段なら殺し合いなどは御免なのですが、
いざ必要に迫られれば仕方がないので殺めると思います。
仰る通り、殺した相手にも家族がいたのかという悩みは抱えてしまうんでしょうね。
割り切れるほど、自分も強くはないですしね。

やらなければ自分だけではなく、周りまでもやられてしまいますから、
残酷ではあってもそれが現実ですしね。
どんな選択がよいのか、どう動くべきなのか、
後世になって見ないと分からないかもしれませんが、
悔いがないように選ぶしかないですしね。

半世紀以上も戦争を経験していない我が国だからこそ、
考えられませんもんね、今が戦時ではなくてほっとします^^;
戦争がないのが一番ですもんね、災害も戦争もない世界ならいいですね~。
[ 2015/02/22 01:21 ] [ 編集 ]

コメントありがとうございます!

鍵付きコメント・Nさん
全体で近い答えを共有するというのは出来ても、
完全に同じ答えを持つ事は出来ませんしね。
本当に人の数だけ答えが存在してますね。
仰る通り、過去から現代にずっと繋がっている訳ですしね。
過去の戦争という行為から人が切り離されていない以上は、
未だに人が戦争から切り離されていないという事ですしね。
最近では集団自衛権も話題にされていますが
いつまでも自国だけが平和に入れるかも分からない訳ですし、
色々な可能性を模索するのは良い事だと思いますが、避戦の心だけは持っていたいものです。
奪われるのなら奪う方がいい、結局はどちらを取るかの二択になってしまうんですよね。
奪うか奪われるか、話し合いで解決できればそれに越した事はないですが、
それが無理だった時の為の備えは必要ですね。
非戦を訴えるのは良い事だとは思いますが、
それに頼って他の準備を怠るというのが一番恐ろしい事だと思います。
何に重きを置くかなのかもしれませんね。

いえいえ~、こんなに長くコメントして頂いて大変でしたよね
お疲れ様でした~m(_ _)m
[ 2015/02/22 21:50 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fatelove77love.blog39.fc2.com/tb.php/1420-87ffcf71