今日ものんびりと 大多数の幸福とは何か
FC2ブログ














ヘッドライン

大多数の幸福とは何か

はいさい!ちらほら蚊を見掛けるようになったツバサさー。
家政婦は見た|ω・´)チラッ
のん美ちゃん 水着姿 今日ものんびりと 2015/05/26
お空ー、お空ーヽ(・ω・)ノ
お空でどれぐらいの時間がかかるかしら。
理想の空ってなんなのか今一度自分に問いかけてみたけど、
何も答えてくれなかったでござる(-人-)

大多数の幸福とは何か。
国家がある事を前提に政治というものは行われているけど、
その国家の中には国家を構成するものとして市民が大多数を占めている。
その市民をより多く幸福にするにはどのような手段を用いるべきか。

そもそも幸福の定義とはいったい何なのだろうか。
自分が考えるに生活の最低限のラインとして『食の確保』、
及び『衣服住の確保』は厳守すべき前提条件として考えるが、
これ等の最低限を確保しておく事こそが一つの幸福の定義や指標となると思っている。

幸福とはそこに最初から用意されているべきものが揃っている状態なのか、
それとも、また別に追い求めるべきものなのかここでは追求しないが、
最低限の確保は幸福を語る上では避けて通れない話だと思う。

さて、大多数の幸福とは何かというのが今回のテーマではあるけども、
大多数の幸福をどうやって決めていくべきだろうか。
あくまで『全員を幸福する手段』ではなく、
『不特定多数が幸福になるであろう手段や行為』である事を記しておきたい。

個人一人ひとりに意見を聞いて回るというのも不可能ではないかもしれないが、
どこからが市民で、例えばこの国は日本であるが、
日本人や帰化した人間だけを対象とすべきなのか、
それとも一時的であれ住んでいる人間も含めるべきなのか、
それはまた別の問題であるからここでは個人に聞いて回るという手段については追及しない。

国家構成員全員が幸福になる政策や手段があるのかは別として、
どんな方法でなら市民の幸福度を上げる事が出来るだろうか。
一人ひとり求めているものが違うが、まずは教育機関の充実は幸福の向上に繋がらないだろうか。

人生において学ぶ事が何よりも大事だとは言えないが、
勉学に励む事で自らの可能性を広げる、
可能性の広がり如何によっては望む進路や就職先に進む可能性も増え、
全員が望む通りに行かずとも、望む場所への到達は幸福感を増やせるのではないか。

金銭面的な理由や様々な理由で進学を諦める事も多いが、
そういった人も含めて、教育方面を充実させ、優秀な人材を育成する事が出来るのならば、
国家にとっても十分な利益であるし、幸福に伴う利益があるのなら納得もし易いのではないか。

さて、ここでは望む進路や進学先に進める事が幸福度の向上に繋がるのではないかと書いたが、
勿論、望み通りになるからといって幸福になる人間ばかりではないというのも事実であると思う。
例えば勉強であっても得手不得手というのは存在すると思っているし、
可能性を広げられるというのは美点であるが、
これだけでは完全に実力主義の競争を前提としたものになってしまう。

もし自分がその競争に敗れた場合はどうか。
政策でいくら教育方面に力を入れても、全員が望んだ場所へ行ける訳ではないし、
どこかで妥協しなければいけない場面は出て来るはずだ。
だが、妥協してもどうにもならない、その妥協が成果に結び付かないという可能性もまたあるだろう。
上記で書いた通り、勉強に得手不得手があると思っているから、
努力はするとしても全員が勉学で結果を出せるかといえば、
僕は出せると自信を持って言う事は出来ない。

だからこそ、教育方面の充実に加え、勉強という手段以外でも、
例えば技術の取得を目的とした学校教育も取り入れるべきではないだろうか。
日本では義務教育として小学校で6年、中学校で3年と学校生活を過ごす訳であるが、
例えばドイツのように初等教育が4学年になった時点で、次の中等教育をどうすべきか考え、
実際に選択して、職業訓練を目的とするか、大学進学を目的とするか、
進みたい進路を選ぶ事が出来るが、勉学一辺倒よりも、
こうした本人に合わせた勉学だけに拘らずに、
技術を付けられる様な職業訓練学校があってもいいのではないかと思う。

日本にも職業訓練校というものはあるが、
もっと早い段階でそちらに進む道を作るというのも、また幸福度の向上に繋がるのではないか。
勉強は苦手、でも技術があるから食べてはいける、
そういう安心感をもたらすのも一つの幸福の在り方だと思うのだがどうだろうか。
決して努力を否定するものではないし、それが実を結ぶのは大変素晴らしい事ではあるが、
可能性を広げるという意味では、勉学だけよりも実際の就職に結びつくシステムの構築というのも、
また安心感を増やしていけるとそう考えている。

幸福とか何か。
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
関連記事
スポンサーサイト





テーマ:つぶやき / ジャンル:日記
[ 2015/05/26 23:34 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:絵のお話 イラスト 幸福 独り言

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fatelove77love.blog39.fc2.com/tb.php/1515-4f85c575