今日ものんびりと 午後のロードショーで『スターシップ・トゥルーパーズ』を観た














ヘッドライン

午後のロードショーで『スターシップ・トゥルーパーズ』を観た

はいさい!チュートリアルが終わったし次はカナダあたりでもやろうかと思うツバサさー。
WW2が終わるまで滅びない様にしてゲーム経験を積みたい(´・ω・`)
フェイト・テスタロッサ 今日ものんびりと 2016/07/06
残っていた灰色の部分を塗る。
もう少し弄るか、それともこのままいくか。
明日考えるとしよう、そろそろマントにも入りたいところだが……(´・ω・`)

午後のロードショーで『スターシップ・トゥルーパーズ』を観た。
キャスパー・ヴァン・ディーン主演。
アメリカ、1997年製作。
スターシップ・トゥルーパーズ [Blu-ray]
スターシップ・トゥルーパーズ [Blu-ray]

~あらすじ~
民主主義が完全に崩壊した世界。
その混乱を圧倒的な武力によって収めたのは軍部であった。
軍部により平和を取り戻し、完全に平等な世界となった人類は、
ついに銀河系まで進出を果たし、新たな惑星に植民を行い人類は謳歌の時代を迎えていた。
そんな中、ジョニー・リコは高校卒業を間近に控えていたが、
ガールフレンドであるカルメン・イバネスが、
地球連邦軍の宇宙戦艦のパイロットを目指した事を切っ掛けに、
両親の反対にあったもののジョニー自身も連邦軍へ入隊を果たす。
入隊後は機動歩兵隊に配備されそこで訓練を開始するが、
判断ミスによって隊員を死なせてしまい、責任を取る為に一度は除隊を求めるが、
その時、ジョニーの故郷であるブエノスアイレスが、
昆虫型宇宙生物”アラクニド・バグズ”に小惑星を用いた奇襲攻撃に遭い壊滅したというニュースが届く。
その光景を見たジョニーは”バグズ”と戦う為に軍に復帰し戦争に身を投じて行くが……。

機動歩兵に焦点を当てて描いた戦争映画。
青年ジョニー・リコが戦争を通じて成長していく姿を描くんだけど、
戦闘シーンの他にグロテスクなシーンも多く、
まさに”歩兵の戦い”というものを見せてくれている。
好みは分かれるけどね。
個人的にはこの手の映画は好きだから楽しんで見られたけど、
大規模な戦闘、泥臭い戦闘が好きな人ならいいと思う。

CGは今見てみると確かにそんなに凄くは感じないかもしれないけど、
それでも十二分に楽しめる映画となっているので何度観ても楽しめるかな。
基本的に本当に歩兵戦闘で、
戦車も出なければ、機関銃も出ないんだけど、
だからこそ、”バグズ”との接近戦、アサルトライフルを用いた戦闘に迫力が出ていて、
1997年と古い作品ではあるけどなかなか面白い。

ちなみに余談だけど続編の2は本作とはガラリと雰囲気が変わって、
寄生虫”バグズ”を敵とした限られた施設内でのサスペンスになっていて、
本作が楽しめた人であればあるほど、2は楽しめないとは思う。
観たのはだいぶ前だけど、僕もそんなに楽しめなかった。

更に余談だけど、今作はガンダムとも繋がりがあるんだよね。
ガンダムの実写化作品である『Gセイバー』は、
本作の一部の衣装やセットを使いまわしているんだ。
後はこの『スターシップ・トゥルーパーズ』の原作である、
『宇宙の戦士』に登場するパワードスーツは、
ガンダムに出て来るMSの元になっているんだよね。
だから割とガンダムとの繋がりがある作品なのね。

午後のロードショーで放送されたけど一部カットされて放送されてたね(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 / ジャンル:映画
[ 2016/07/06 23:30 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 午後のロードショー スターシップ・トゥルーパーズ ガンダム

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fatelove77love.blog39.fc2.com/tb.php/1922-95b26fd1