今日ものんびりと 午後のロードショーで『バトル・オブ・パシフィック』を観た














ヘッドライン

午後のロードショーで『バトル・オブ・パシフィック』を観た

はいさい!今日は少し眠かったツバサさー。
眠い(-ω-)
零戦22型 今日ものんびりと 2016/07/19
今回は息抜きに簡単に済ます予定。
フリーハンドで描いてみたけど、定規を使ってもいいかも分からんね。
今回はゆっくり目でやっていこう。

午後のロードショーで『バトル・オブ・パシフィック』を観た。
マリオ・バン・ピーブルズ主演。
アメリカ、2012年製作。
バトル・オブ・パシフィック
バトル・オブ・パシフィック

~あらすじ~
東シナ海に展開中の米空母機動部隊が突如、謎の敵の攻撃を受け消息を絶ってしまう。
敵は未知の技術により、完全に姿を消す事が可能で、
更には電磁パルスにより、こちらの電子機器を完全に無力化するステルス艦であった。
その頃、カリフォルニアに向けて最後の航海を続けていた米海軍最後の現役戦艦であるアイオワもまた、
米空母機動部隊を攻撃した敵に攻撃をされてしまう。
電磁パルスにより艦内の電子機器が使用不能にされてしまうが、
からくも反撃に転じたアイオワは敵の撃退に成功する。
しかし、ステルス艦の攻撃目標はアメリカ合衆国だけに止まらず、
他の国家にも攻撃を開始し、各国はこのステルス艦が自国を狙う敵国のものだと推測し、
人類は敵の正体を誤解をしたまま、第三次世界大戦へと突き進もうとしていた。
唯一、アイオワのみが敵は人類ではないと気が付くが、
その間にも戦争は刻一刻と迫っていた……。

ツッコミどころが多い映画だった。
面白くない訳じゃないんだけど、戦争映画というよりはコメディー映画?
製作側としては戦争映画として取ったんだと思うけど、
色々とチープなところや、ツッコミどころがあってそこは逆に好き(*ノωノ)

敵の艦内に潜入した特殊部隊が、
ひょこっと敵の宇宙人に遭遇してしまうシーンは笑ったかな。
もう少し「来るぞ来るぞ」からの遭遇なら分かるんだけどあっさりと出て来るんだよね。
尺的に仕方ないのかな。

後は都合よく主砲の弾薬が艦内にあったり、
最後のシーンで一撃で敵を沈めたりするのはやっぱりご都合主義かな。
沈めるといえば、複数の敵の無人艦を沈めるシーンも、
確かにちゃんと沈めているんだけど、
爆発も起きずにポンポン沈んでいくからそこもツッコミどころかな。

本当は今日はこの前映画館で観て来た映画の事を書こうかと思ったんだけど、
流石に『バトル・オブ・パシフィック』を無視する事は出来なかった(´・ω・`)
『バトルシップ』と『パシフィック・リム』を混ぜたようなタイトルで、
内容も何だか似ているからこの作品について書かない手はないね。

戦艦(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 / ジャンル:映画
[ 2016/07/19 23:30 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 午後のロードショー バトル・オブ・パシフィック 戦艦

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fatelove77love.blog39.fc2.com/tb.php/1935-61aaa0e6