今日ものんびりと 『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』を観てきた














ヘッドライン

『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』を観てきた

はいさい!今日は暑かったツバサさー。
あちち(´・ω・`)
零戦22型 今日ものんびりと 2016/07/20
線を整える。
定規とフリーハンドの両用で描いた方がいいな。
その方がやり易い(´・ω・`)

7月17日に『インデペンデンス・デイ:リサージェンス』を観てきた。
リアム・ヘムズワース主演。
アメリカ、2016年製作。
インデペンデンス・デイ:リサージェンス
インデペンデンス・デイ:リサージェンス

~あらすじ~
1996年に来襲したエイリアンの侵略を人類が退けてから20年が経とうとしていた。
辛くも勝利をした人類であったが、接収したエイリアンの技術を使い、
科学技術は飛躍的に向上し、更に再度の侵略に備え、
地球や衛星軌道上、更には月を始めとした各惑星にも基地を建造し、
それに合わせて軍備増強も行っていた。
しかし、エイリアンの脅威は完全に過ぎ去ってなどいなかった。
先のエイリアン戦争の際にアフリカに墜落したエイリアンの船が突如として起動したと報告を受け、
調査チームが派遣されるが墜落した船からは信号が出ており、
その信号はエイリアンの本隊に向けて送られている”救難信号”だった。
更にその後、土星付近に設営されていた軍事基地からの連絡が途絶え、
突如として月の基地付近に正体不明の球体が出現するが、
人類はその球体こそが新たなるエイリアンの母船だと判断し月基地の兵器で撃墜する。
しかし、その後新たなる正体不明の船が出現、
圧倒的な攻撃を行い、月基地は為すすべなく壊滅してしまう。
その船こそが本当のエイリアンの母船であり、人類は再びエイリアンとの戦争に突入していく……。

前作から20年後の世界を描いたのが本作。
個人的には前作の主人公を演じたウィル・スミスにも是非とも出演して欲しかったけど、
設定としては戦闘機のテスト中に事故死したという設定で出演はなし。
これは残念だった。
他には前作に出た出演者は大勢出ていて、
前作を知っているからこそ、下手に設定を数百年後にしなかったのはよかったかな。

個人的に気にいったシーンは主人公が乗っている輸送船が、
敵の重力発生装置によって持ち上げられたビルの残骸や瓦礫、
それから色々なものが人類への攻撃として都市部に落下させてくるシーンがあるんだけど、
輸送船でそれ避けて行くシーンはドキドキしてよかった。
流石ハリウッドというだけあって、あのシーンは凄かったな。

肝心の戦闘シーンだけど、エイリアンの技術を使っている割には、
対空ミサイルとか追尾系の兵器は出ないのね(´・ω・`)
人類側の戦闘機が行うのはドックファイトのみ。
やっぱり、WW2のような空戦こそ空戦の花だってはっきり分かんだね(´・ω`・)フフフ
というのは冗談だとして、技術が進歩しているんだから、
ドックファイトに終始せずに新型のミサイルも出して欲しかった。

それから、ほぼ戦闘が起こるのも一か所のみなんだけど、
確かにそこが人類の最終防衛ラインみたいなところではあるのね。
でも、少しだけでもいいから他の地域での戦いも映してくれると、
まさに人類の総力戦という感じが出て更に盛り上がったとは思うかな。
例えば、日本でも熾烈な空戦が行われているとか、
英国では海軍が敵の戦闘機に対応しているとかね。
ほんの少しでいいんだ、確かに最初の攻撃で壊滅状態で、
人類の通信の為の衛星も破壊されたとはいえ、
人類同士で連絡は取れないけど、
それでも他でも戦いを続けている映像として他の戦線の様子が知りたかったな。

後は僕としてはあのメガネの役人とアフリカ人のコンビ意外と好き(*ノωノ)
最初はあー無理そうだなって思っていたけど、
最後には割と活躍していたしいいんじゃないかな。

前作と比べるとうーんっていうところもあるとはいえ、
やっぱり、面白い映画に仕上がっているから、
新たな世界観や設定を受け入れる事が出来るなら是非とも観て欲しいかな。
映画の最後の方でああいう形で続編があるかもしれないみたいな伏線はあったし、
更なる続編にも期待しつつ今回はここでお終い。

タコさん宇宙人(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画館で観た映画 / ジャンル:映画
[ 2016/07/20 23:30 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 インデペンデンス・デイ:リサージェンス

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fatelove77love.blog39.fc2.com/tb.php/1936-2f4ed440