今日ものんびりと 『隣のリッチマン』を観た














ヘッドライン

『隣のリッチマン』を観た

はいさい!今日はお散歩したツバサさー。
お散歩(´・ω・`)
ロゼと黄昏の古城 今日ものんびりと 2016/11/13
後は巨人と瞳の色塗ぐらいかな。
多少、手は加えるとは思うけど大きく変える必要はなさそうだ。

『隣のリッチマン』を観た。
ベン・スティラー主演。
アメリカ、2004年製作。
隣のリッチマン
隣のリッチマン

~あらすじ~
ティム・ディングマン(ベン・スティラー)とニック・ヴァンダーパーク(ジャック・ブラック)は、
性格はだいぶ違うものの二人は大親友と呼べるほどの仲。
家も隣同士で職場も同じという二人だったが、ある日、ニックがとある発明を思い付く。
それは吹きかければ動物がしたフンが消えるというスプレーで、
ニックは投資して欲しいとティムに頼み込むが、
ティムはそんな発明は成功する訳がないとあしらってしまう。
しかし、ニックは同じ会社の研究者と共同で実際にフンが消えるスプレーの開発に成功し、
それを発売したニックは一気に巨万の富を得る事に。
親友であるニックが一気に大富豪の仲間入りを果たした事に嫉妬したティムは自暴自棄になり、
結果仕事でも家庭でも上手くいかず、職も家庭も失ってしまう。
途方に暮れていたティムの前にバーで出会ったJマンという男が、
ニックをハメるように悪魔の囁きを行い、ティムは酔った勢いもあって実行してしまうが……。

突然、大富豪となった親友への嫉妬心から生活が上手くいかなくなってしまう男の物語。
親友で一番近くにいてくれていたからこそ、
戸惑いやら嫉妬やらで動いてしまうんだけど、
それでも最後はちゃんと親友に向き合うのでバットエンドで終わらないところがグッド。

コメディー映画というだけあって、
ジャック・ブラックの演技が光っているのもあるけど、
冴えない感じのティムを演じているベン・スティラーの演技もなかなか。
コメディーといえば下品な笑いを提供してくれるジャック・ブラックが有名だけど、
今回は富を得ておきながら親友への友情は全く揺らいでいないニックを演じているのも、
なかなかの注目ポイントかな。

見所はティムの葛藤するシーンやもがいているシーンといえばそうなんだけど、
ニックのシーンにも注目して観てみるとなかなか楽しめると思う。
日本では劇場未公開作品だけど、なかなか楽しめるコメディー映画だった。

リッチ(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

にほんブログ村 イラストブログへ 人気ブログをblogramで分析
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
関連記事
スポンサーサイト


テーマ:映画感想 / ジャンル:映画
[ 2016/11/13 23:30 ] 日常の出来事・日記・雑記 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 映画 隣のリッチマン

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fatelove77love.blog39.fc2.com/tb.php/2054-e2e62376