今日ものんびりと どこまで心を開くか
FC2ブログ













ヘッドライン

どこまで心を開くか

はい、という訳で「どこまで心を開くか」という話です。
久しぶりに「愚痴・聞いて欲しいこと・闇黒面」カテゴリーで書きたいと思います。
ちなみに第6回目です。

今回も例の如く、注意書きの方を最初に記載させて頂きます。
※この記事はあまり明るい内容ではないので暗い話題がお嫌いな方はご観覧の際にご注意ください


はい、という訳で「愚痴・聞いて欲しいこと・闇黒面」カテゴリーでの更新です。
例の如く、我流で綴っていきたいと思います。

今回はどこまで心を開くかという話なんだけれども、
人にどこまで心を開くべきかのラインって難しいと思う。

例えばの話だけど、自分は相手の事を信じきっている。
だけど、相手はそこまで自分の事を信じていない。
自分への好感度が目に見えれば人生も楽に進むかもしれないが、
実際は好感度ゲージなんてゲーム上の話であって実際にはそんなものは出ない。
それが現実であるし、変えようはない。

すまない、話がずれたね。
本題に戻そう、つまり相手がどう思っているか分からないのに、
心を開くのは得策なのかという点だ。
そんな事を言いだしたら、切りがないというのは分かる。
だが、考えずにはいられない。

例えば相手が自分の事を信じていれば、
自分の秘密を打ち明けた時に、
相手から絶対に嫌われないなんて言う保証はない。
だからこそ、自分が相手に心を開くことに恐怖する。
それを言ったことで嫌われるんじゃないのか、
関係が崩れるんじゃないのか、とね。
だからこそ、慎重になる。
いや、慎重にならざるを得ないという事だ。

世の中には、その程度で関係が終わるのなら、
その程度の関係だったという人もいるだろうが、
人には必ずとは言わないが失いたくない関係があると思う。
繋がりが現実世界であったり、ネットであったり、
又は文通であったりなどで繋がり方が違うだけでね。

前振りが長くて、いつもすまない。
だが、癖のようなものなので気にしないで頂けると幸いです。

さて、上記に記した通りにどこまで、
心を、秘密を告げるかという話なのである。
全てを曝け出さなくても続く関係だというのは分かる。
だけど、相手に自分をもっと知って欲しいというのも本心の一つなのだ。
例え、失う危険性を孕んでいてもね。

だから、言うか言わないかを悩んでいる。
嫌われるリスクを冒すべきか、現状維持路線を進むべきか。
あるいは、秘密を打ち明けることで、さらに親密になれるかもしれないが、
リスクを冒してまで実行すべきなのか・・・。

さて、どうするべきかな。
言いたいという気持ちもあるんだけどね、難しい問題だよね。
成功の保証がないと動きたくないというのも本心なんだよね。
保証を付けるのは無理だとは分かっているけどね。
毎回、毎回長くなってすいません^^;
読んで頂きありがとうございました!
関連記事
スポンサーサイト




関連タグ:

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fatelove77love.blog39.fc2.com/tb.php/219-978cfd88