今日ものんびりと 劇場版『SHIROBAKO』を観て来た
FC2ブログ













ヘッドライン

劇場版『SHIROBAKO』を観て来た

はいさい!映画を観て来たツバサさー。
万策尽きた(´・ω・`)
9周年イラスト 今日ものんびりと 2020/02/29
髪色も弄ろう。

※現在劇場公開中の作品のレビューなので閲覧注意
観に行く予定の人はブラウザバックを推奨


本日より公開開始の劇場版『SHIROBAKO』を観て来た。
テレビ版は3週したくらい良く観ていた作品の劇場版だったから、
かなり期待度も高かった作品のレビュー。
まずはいつものようにあらすじから。

~あらすじ~
月日は流れ『第三飛行少女隊』の製作から4年が経った武蔵野アニメーション。
新人の制作進行だった宮森あおいも今ではすっかりと会社にも馴染み、
日々の仕事に追われつつも順風な生活を送っている、と思われていたが……。
事の発端は武蔵野アニメーションが元請けとなっていたアニメが、
とある理由から志半ばで製作中止となってしまい、
そこから会社は転がり落ちるように凋落してしまい、
今では元請け作品も作れないような状況になっていた。

社長の交代、そして社員達も会社から離れていき、
正に会社は最悪と言っていい状態となってしまっていた。
しかし、そんな武蔵野アニメーションに劇場用アニメを元請けとして担当するという話が。
今の武蔵野アニメーションで作れるのかという不安を抱きつつも、
劇場用アニメの製作を決意するあおいだったが、
それは様々な問題との戦いの始まりに過ぎなかった。
私たちは諦めない!約束を果たすその日まで……。


アニメ業界の裏側を描いた『SHIROBAKO』の劇場版。
テレビ版はかなり熱心に観ていたから、
劇場版が決まった時から楽しみにしていたんだけど、
内容もしっかりと起承転結があって面白い映画になっていた。
正直、テレビ版が良かったというがあったから、
劇場版への不安がなかった訳ではないんだけど、
しっかりとした2時間映画に仕上げて来たからよかった。

正直最初からフルメンバーのムサニメンバーでの製作を観たかったというのもあるけど、
そこは敢えてバラバラにして仕事や人生の悩みに繋げていく感じが、
逆に良かったといえば良かったかな。
仕事だから上手く行かない事もあるし、
それでイライラしたり立ち止まってしまったり。
逆に新しい場所で挑戦して巣立って行ったり。
人生の縮図が『SHIROBAKO』という作品だと思うんだけど、
単なるアニメ製作で終わらないのは劇場版もそうだったから安心した。
寧ろ社会人にこそ今作は観て欲しいかな。

ただ、新キャラがちょこちょこと出て来るから、
そこをどう捉えるかで結構変わってくるかな。
そこまで尺を取っている訳ではないから気にならない範疇だけど、
新キャラを出すならもう少しテレビ版のキャラを出して欲しかったかなぁ。
新キャラが良い意味での対比になっているならいいんだけど、
あくまでサポートみたいな立ち位置だから、
そこまで重要という訳ではないしね。

作画に関しては劇場版というだけあって、
かなりの気合が感じられて中々に良かった。
日常シーンもそうなんだけど、
特に気合の入っていたのはアクションシーンでカメラアングルも良かったし、
作画もヌルヌル動いていてとても見応えがあった。
ムサニが担当した劇場版アニメもかなり気合の入った作画だったから、
ここだけでも観に行って良かったかな。

アニメが好きだから作るというのもあるんだけど、
単に好きで終わりではなくて、好きの先についても触れていたから、
これはアニメに限らず色々な事に言える事だよね。
そう思うとやっぱり『SHIROBAKO』は人生の縮図だと思うし、
あるあるネタや共感できる部分が多いから、
作品として深みも出て来るし面白さに繋がっているんだろうね。

どんどんドーナツドーンと行こう(´・ω・`)
読んで頂きありがとうございました!

SHIROBAKOアートワークス
にほんブログ村 イラストブログへ このエントリーをはてなブックマークに追加
ブログランキングに参加しています!(`・ω・´) 応援して頂けると励みになります!
ついでに拍手もして頂けると嬉しかったり・・・|・ω・`)チラッ
関連記事
スポンサーサイト




テーマ:アニメ / ジャンル:アニメ・コミック
[ 2020/02/29 23:54 ] アニメ・ゲーム・声優・特撮 | TB(0) | CM(-)
関連タグ:イラスト 絵のお話 アニメ 映画 SHIROBAKO

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://fatelove77love.blog39.fc2.com/tb.php/3261-84236fe0